1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 先端ゲノムデザイン研究グループ

研究グループ紹介 Group Introduction

先端ゲノムデザイン研究グループ

研究紹介

当研究グループは微生物や高等生物の解析に基づく優れたバイオテクノロジーの開発を目指しています。特に新しいゲノム編集技術やDNAメチル化網羅的解析技術の開発、微生物を用いた物質生産、小型魚類や家禽ゲノム編集による産業技術開発などを行っています。

国産ゲノム編集法を医療・環境・農業・産業へ

生物の抗生物質耐性獲得機構の解析から明らかになった、新たな進化機構“自己ゲノム編集機構 PODiRシステム”を解析して、生物の設計図であるゲノムを改変・デザインする新しい国産のゲノムの編集方法の開発を行っています。この手法を用いて、新たな有用生物の創製(育種)や院内感染の原因菌や抗生物質耐性菌の抑制法の提案や新規抗菌薬の開発、さらには遺伝子疾患の予防・治療法の確立を目指しています。

先端ゲノムデザイン

機能性物質生産のための微生物の遺伝子機能の極大化

バイオプロセスによるPHB、3-ヒドロキシ酪酸(ケトン体)、抗菌物質等の機能物質生産開発、価値共創を進めるために、ハロモナス菌やメタン酸化細菌など様々な微生物の可能性を追求しています。同時に、バイオリファイナリーとしての微生物のポテンシャルの極大化を目指し、ゲノムや遺伝子機能の解析、培養途上での特性の変化などの観察・分析を精緻に追求し、新しい機能性物質生産につなげます。

先端ゲノムデザイン

ゲノム編集された生物におけるDNAメチル化状態の解析法の開発

ゲノム編集された細胞や生物におけるDNAメチル化状態やその状態の変化に対する網羅的な解析法の開発を進めています。特に脱メチルシトシン反応の中間体であるグアニン・脱塩基を着目し、グアニンのビオチン化反応の開発や脱塩基を有するゲノムDNAのNGSによる解析法の確立を目指しています。

先端ゲノムデザイン

グアニン・脱塩基サイトを有するゲノムDNAの断片のビオチン化とその配列の決定

ゲノム編集生物の産業応用

メダカやゼブラフィッシュといった小型魚類やニワトリなど家禽をゲノム編集し、産業利用する技術の開発を行っています。体内が透けて見える小型魚類の特性を利用し、生体をまるごと用いる新しい創薬スクリーニング系を開発しています。また、ニワトリをゲノム編集し、卵のアレルギー成分を取り除いたり、卵白に役に立つ組換えタンパク質を大量に生産させることに成功しています。

先端ゲノムデザイン

業績リスト

2020年2019年2018年2017年2016年2015年

メンバー

氏名 役職 氏名 役職
大石 勲 研究グループ長    
河田 悦和   間世田 英明  
呉 純   竹内 美緒  
出口 友則   迎 武紘