1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧

研究グループ紹介

研究グループ一覧

分子細胞育種研究グループ
細胞や生体分子に内在する"進化する能力"の理解に立脚した新たな育種技術の開拓を進めています。
蛋白質デザイン研究グループ
目的の機能を持った蛋白質をデザインする技術、デザインした蛋白質を利用する技術、を研究開発しています。
構造生理研究グループ
生物の生理機構を、電子顕微鏡などの顕微鏡技術と分子動力学法と生化学・細胞技術を中心に研究しています。
先端ゲノムデザイン研究グループ
微生物機能解析を基礎としたバイオテクノロジー研究に取り組んでいます。
生体分子創製研究グループ
生体分子や人工蛋白質、高分子材料など多彩な研究材料を用いた研究から、健康、診断、治療に貢献する創薬基盤技術の開発を目指します。
分子細胞病態研究特別チーム
疾患の分子細胞病態の解明、モデル細胞・動物の作製、バイオマーカー研究により、創薬支援・診断技術の開発を目指します。
生物時計研究グループ
体内時計や宿主免疫機能などの生体恒常性を積極的に利用した先進的疾患予防技術の開発
健康維持機能物質開発研究グループ
生活習慣病改善・睡眠・こころの健康をターゲットに健康を維持して守る技術の開発研究をしています。
DAILAB
Quality of Lifeの改善を目指したバイオメディカル研究
次世代メディカルデバイス研究グループ
次世代メディカルデバイス研究グループでは、生体機能のメカニズム解明といった基礎研究に基づく新たなバイオマーカーの探索と同時に、在宅等における遠隔診療を想定した次世代の医療・検査機器に関する製品化研究まで、一気通貫で取り組んでいます。
脳遺伝子研究グループ
新規のイメージング技術開発と組合わせることで、細胞から個体に至る神経分化や発生、回路網形成や機能維持を担う分子基盤を明らかにし、神経疾患発症の予測・治療に寄与する研究開発を行います。
脳機能調節因子研究グループ
脳機能調節因子研究グループは脳神経の機能を調節するタンパク質の同定と機能解析を行い、それらの創薬への応用を目指しています。
分子複合医薬研究グループ
分子複合医薬研究グループでは、核酸創薬や低分子創薬における技術革新を目指し、構造生物学的解析と分子機能解析を組み合わせた複合的な研究技術開発を行っています。
構造創薬研究グループ
低分子創薬の入り口に位置する探索合成研究を加速するための技術開発を行っています。大量の立体構造解析をベースとしたFragment-Based Drug Discovery(FBDD)システムの構築、高速自動化合物合成システムの開発、遺伝子改変技術を駆使した創薬標的探索を進めています。
細胞分子機能研究グループ
分子の構造・機能解析から細胞内でのダイナミクスの可視化、及び、個体内での機能解明に必要な技術を開発し、得られた知見と開発した技術を元に、”匂い認識による疾患の検出”や、”神経・精神疾患モデルマウスの開発”、”有用機能分子の大量生産”などの技術開発への展開を図っています。
先進バイオ計測研究グループ
先進バイオ計測研究グループは、バイオ計測の科学や先進的なバイオ計測技術開発とその基盤整備に軸足を置きながら、様々な基礎および応用研究を実施しています。
バイオアナリティカル研究グループ
生体分子解析技術の開発・標準化を志向しつつ、それらを生体機能の解明へと応用展開します。
ナノバイオデバイス研究グループ
ナノ材料とバイオ分析を融合させ、新規な生体分子計測技術からデバイス開発までを一貫して行っています。
セルメカニクス研究グループ
セルメカニクス研究グループは、骨格タンパク質や運動機能など、細胞の機械的特性を支配する因子を明らかにすることで、医療、創薬をはじめとするバイオ関連の技術開発に貢献することを目指します。
細胞マイクロシステム研究グループ
細胞内、細胞集団、細胞組織をシステムとして捉え、包括的な理解を進める事を目指し、細胞の解析と操作技術、分子や遺伝子の細胞内制御やデリバリー技術の開発を進めています。
細胞・生体医工学研究グループ
細胞生物学や認知科学等の基礎研究を、ヒト個体を対象に展開して医療福祉・視聴覚環境技術に直結させます。