1. ホーム>
  2. 研究成果>
  3. 研究最新情報

研究成果 Research Result

研究最新情報

最新研究成果紹介

2020/7/29

最新研究成果紹介
「ゲノムデータベースから抗菌ペプチドを網羅的に探索する方法の開発
- 新興・再興感染症に対する新たな研究基盤の構築に向けて -」

概要:
脳機能調節因子研究グループの大塚幸雄主任研究員と稲垣英利主任研究員は、カタユウレイボヤ・ゲノムデータから抗菌ペプチドを網羅的に探索する新たな方法を開発した。
今回、カタユウレイボヤ・ゲノムデータから、ペプチドの大きさ、分泌性、物理化学的性質などを予測する複数のコンピューター・プログラムを組み合わせることによって、抗菌ペプチドの探索を行った。その結果、既知のものを含む22 種類の抗菌ペプチド候補を予測し、複数のバクテリアに対して抗菌性を示す5種類の新規抗菌ペプチドを発見することに成功した。さらに、ネッタイツメガエルのゲノムデータベースに本法を適用したところ、新たな抗菌ペプチドの候補が見つかり、この方法の汎用性も示された。なお、本成果は、2020 年7 月28 日に科学誌Scientific Reports にオンライン掲載された。
詳細→ PDF論文

大塚幸雄

バイオメディカル研究部門
脳機能調節因子研究グループ
大塚幸雄

稲垣英利

バイオメディカル研究部門
脳機能調節因子研究グループ
稲垣英利

最新研究成果紹介

2020/7/10

最新研究成果紹介
「ジャワショウガ抽出成分の脳への効能とそのメカニズムを発見
- 認知症症状改善のための創薬研究に期待 -」

概要:
脳機能調節因子研究グループ 平野 和己 主任研究員と 波平 昌一 研究グループ長は、徳島文理大学薬学部 福山 愛保 教授、久保 美和 准教授、株式会社ホソダSHCと共同で、インドネシア原産で食用として栽培されているジャワショウガの抽出成分にヒトの神経細胞の産生を促す効果があることと、その効能発揮に至る仕組みを発見した。
今回、脳の神経細胞を作り出すヒト神経幹細胞を培養し、その細胞を用いて神経細胞の分化に対するジャワショウガ抽出成分と有効成分の一つであるバングレンの効能を評価したところ、両者に神経細胞への分化と神経突起の伸長を促す効果があることを発見した。更に、ジャワショウガ抽出成分が細胞内のβ(ベータ)-カテニンと呼ばれるタンパク質の機能を活性化することで、神経細胞への分化を促しているという効能発揮の仕組みも突き止めた。脳内のβ-カテニンの活性化はアルツハイマー病の症状改善に繋がる可能性があることが報告されているため、今後、アルツハイマー病などの認知症の治療や予防への貢献が期待される。なお、本成果は、2020年7月5日に科学誌International Journal of Molecular Sciencesにオンライン掲載された。
詳細→ PDF論文

平野和己

バイオメディカル研究部門
脳機能調節因子研究グループ
平野和己

波平昌一

バイオメディカル研究部門
脳機能調節因子研究グループ長
波平昌一

バイオメディカル2020年度新人紹介

脳遺伝子研究グループ 羽田沙緒里

研究内容:
アルツハイマー病の効果的な治療薬開発を目指した発症メカニズムの解明および治療ターゲットの探索。
病理は同一であっても、アルツハイマー病の発症メカニズムは多様であると考えられるため、効果的な治療法確立のために、患者ごとの個別化医療の実現を目指した発症メカニズムの診断法や治療法の開発を目指した研究を行います。
今後の抱負:
以前在籍した大学とはいろいろなことが異なるため、戸惑うことも多いですが、産総研の優れたリソースを活用して、いい研究を推進できるように頑張りたいと思います。

羽田沙緒里

バイオメディカル研究部門
脳遺伝子研究グループ
羽田沙緒里

細胞・生体医工学研究グループ 于躍 Yu Yue

私は分子生物学および物質化学の両方の研究を行ってきました。博士課程では植物由来の天然成分の抗がん作用に着目し、がん治療のための生体材料工学に応用展開しました。有機化学、ナノテクノロジー、および細胞生物学を融合したアプローチで、がんなどの生命を脅かす疾患の理解・診断・治療のためのソリューションを探索しています。
現在、腫瘍標的化のための高効率かつ低毒性の生体分子ハイブリッドナノ医薬品の開発を行っています。また、工学的に作られたナノ医薬品と生体との相互作用のメカニズムを分子レベルでの解明を試みています。。ナノ材料を活用した革新的な治療法が、最終的には患者のQOLの向上を目指し、正常な組織に害を与えることなく標的癌治療を達成することを目標にしています。

Yu Yue

バイオメディカル研究部門
細胞・生体医工学研究グループ
于躍

先端ゲノムデザイン研究グループ 迎武紘

はじめまして。迎武紘と申します。私は生まれてから大学院修了まで、ずっと長崎県長崎市で過ごしました。野球、読書、ラジオ、アニメなど趣味は様々ですが、とくに、プロ野球・横浜ベイスターズのファンで、三浦大輔投手の引退試合を現地(PV)で見たことが思い出です。研究者を目指したきっかけは、小さい頃から外であそぶのが好きだったのですが、いろいろとケガをすることが多くありました。そのたびに「不自由だなぁ」と感じ、そんな困難さを解消できるような方法はないかと考えるようになり「研究者になろう」と思いました。研究者として最初に研究に取り組んだテーマは慢性疼痛でした。疾患モデルマウスを作成し、治療効果が得られる薬物を見つける研究を行いました。次に、分泌タンパク質の研究に取り組みました。皮下脂肪や末梢交感神経での分泌タンパク質を介する代謝調節の仕組みについて研究しました。産総研では、『保健・医療課題 x 機能性タンパク質 x 生産システム』という視点から、未来について考える研究に取り組みます。
ペニシリンの出現により『病気が治せる』ようになりました。そして、バイオ医薬品の出現により、様々な疾患が克服されつつあります。しかしながら、この発展が新たな問題を引き起こしています。元々高額なバイオ医薬品が、その有効性の解明につれて様々な疾患に適応されるようになり、『医療コスト』が増大し、私たちの生活の維持が危ぶまれています。生命科学の発展は貴賎なく人々の幸福に資するべきだと考えます。先端ゲノムデザイン研究グループは、バイオ医薬品の原料である組み換えタンパク質を大量・安定・安価に生産できる新しい生産システムの開発に成功しました。私はこの低コスト性を生かして、これまで機能性タンパク質の利用が困難とされてきた様々な分野での諸課題の解決方法を見出すとともに、『低コスト』かつ『高機能』な組み換えタンパク質の生産を可能とする次世代生産システムの開発に取り組みます。これらの研究を通じて、持続可能で、より不自由さの少ない、新しい社会の実現を目指します。

迎武紘

バイオメディカル研究部門
先端ゲノムデザイン研究グループ
迎武紘