ホーム > 活動状況 > 活断層・地震研究セミナー

活断層・地震研究セミナー

研究者間の意見交換,議論を目的とした公開セミナーです.
一般の方でも聴講可能ですが,内容は専門家向けです.当面の間はTeamsを用いたオンラインで開催いたします.外部の方で聴講を希望される場合,予め問い合わせページからご連絡ください.

2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度

第209回 7月31日(金) 14:00-15:00 オンライン(Teams)

東北日本の地震波速度構造と地震活動との関係

Seismic velocity structure and its implications for genesis of earthquakes in NE Japan

講演者:椎名高裕(地震テクトニクス研究グループ)

地表面で観測される地震波形データからは,地震波速度などの空間的な変化として,沈み込み帯内部の不均質構造を推定することができる.構造の不均質性は,物質の分布や流体の存在などを反映しており,詳細な不均質構造の推定により,地震発生がどのような環境下で発生しているかを明らかにすることができる.

本発表では,東北日本沈み込み帯でこれまでに行った地震波速度構造推定の結果について,後続波(P波やS波以外の波群)を用いた解析を含め,紹介するとともに,速度構造と地震活動との関係を議論する.