ホーム > 研究グループ > 地質変動研究グループ

地質変動研究グループ | メンバー紹介

地質変動研究グループでは,構造地質学,火山学,第四紀地質学,地形学等を基盤とし,10万年を超える将来にわたって地震・活断層,火山・マグマ活動,隆起・浸食等の地質変動が地層処分システムに与える影響を評価するために必要な地質学的知見を整備すべく研究を行っています.この様な長期的な地質変動の将来予測・評価手法の研究は,原子力規制庁からの委託研究(「地層処分に係る地質評価手法等の整備」)として実施するほか,交付金を活用し,長期地質変動に対して国として基盤的に整備すべき知見の整備や最新の研究動向に対応する調査・研究を実施しています.

北海道中央部 暑寒別岳山麓に位置する,新第三紀の地層を切断する断層露頭

北海道中央部 暑寒別岳山麓に位置する,新第三紀の地層を切断する断層露頭(断層トレースを点線で示す).断層粘土の表面についた条線から断層がすべった方向を読み取ることができる.

グループメンバー紹介

グループ長 塚本 斉 Hitoshi Tsukamoto

深層地下水の長期的な流動予測を行うため,水文地質構造や断層・亀裂構造の調査・研究を行っています.また,福島第一原子力発電所の汚染水問題に対する検討を行っています.専門:応用地質学・水文地質学

主任研究員 大坪 誠 Makoto Otsubo

断層活動,隆起侵食活動等に対する長期的変動予測手法を開発することを目的に,地殻応力・歪みをキーワードとして構造物理学的手法を用いた沈み込み帯テクトニクスにおける地表から地下深部までの統合的な理解を目指しています.また,長期変動の観点で断層活動と火山活動の連関を考慮した動的地質構造モデリング構築を行っています.

 HP: https://staff.aist.go.jp/otsubo-m/index.html

研究員 朝比奈 大輔 Daisuke Asahina

専門は材料力学・岩盤工学.地質材料の力学的な挙動を理解し,安全性の評価及び設計に役立てるため,変形や破壊を扱う数値解析手法の開発に取り組んできた.特に地質材料のき裂の進展とそれに伴う流れの変化が計算できるシミュレーション技術の開発を行っている.現在は,地層処分の隔離性能評価で問題となっている掘削影響領域の影響を主な研究テーマとし,実験データを基に水理-力学連成シミュレータの妥当性の検討と予測精度の向上に取り組んでる.

研究員 伊藤一充 Kazumi Ito

堆積物の年代を決定できるルミネッセンス年代測定法を用いて,地盤の隆起沈降速度評価手法の開発を進めています.従来は困難であった十万年より古い堆積物の年代決定に基づく確度の高い予測により,地層処分の安全評価に貢献していきます.

産総研特別研究員 佐藤 稔 Minoru Sato

テクニカルスタッフ 高橋 学 Manabu Takahashi

種々の応力条件下における岩石の流体流動に関する3次元空隙幾何学情報を定量化するため,μフォーカスX線CTデータを用いて,空隙の連結数,coordination number(空隙と粒子との相対関係),tortuosity(屈曲度),最短経路数などに関する研究を実施している.これまでの研究の内容は以下のとおりである.

  1. 真三軸試験による岩石の強度変形特性における中間主応力効果について
  2. 真三軸応力条件下におけるP波S波計測.これらと変形のデータから応力によって発生するマイクロクラックの密度やアスペクト比などに及ぼす中間主応力効果について
  3. 難透水性岩石の透水試験手法の定量化について
  4. 中間主応力軸方向の透水係数変化の全容について