ホーム > 研究グループ > 地震災害予測研究グループ

地震災害予測研究グループ | メンバー紹介

地震災害の原因となる強震動(揺れ)と地表付近の変形の予測研究を行って地震災害の軽減に取り組みます.地表変形に関する研究では,都市部にある活断層を対象に,活断層調査等で得られた地形・地質情報を活用し,新たな探査も実施して,地表変形に関連したデータを収集・分析して変形の実像を把握するとともに,地下深部の断層運動と表層における変形との相互作用を考慮した数値計算を開発し,地震による地表変形を評価します.強震動の研究では,既往の地震を対象に推定方法を検証しながら,地震発生が予想される断層の形状やすべり量などの震源特性の不均質を推定します.また,地下地質情報活用し,さらに探査を行ったり,作成手法を改良したりしつつ,地下構造モデル(地盤構造モデル)の高度化に関する研究を進めます.そして,予測や評価に伴う不確定性を明示するなどして,利用されやすい結果の提示を目指します.

地下構造調査によって把握された深度3~4kmの地質構造からさらに深部の断層形状を推定した例.

グループメンバー紹介

グループ長 阿部 信太郎 Shintaro Abe

私の研究テーマは,地球物理学的な手法によりイメージングされた地殻構造を媒介として震源断層から地表に至る変形構造とその変形過程を解明することです.これは,地震学と地質学をつなぐ境界領域の研究にあたります.また,現象解明が主目的である理学分野の研究と科学技術の実社会への適用が主目的である工学分野の研究,それら両方を意識することによって,つねに社会に貢献できる研究者であることを目指します.

主任研究員 堀川 晴央 Haruo Horikawa

反射法地震探査の記録を用いて活断層の深部形状や平野下の基盤の構造を推定し,それらの意味するところを考える研究を進めています.この他,内陸で発生した歴史地震の震源の考察など,内陸地震に関する研究課題を進めています.

HP: https://staff.aist.go.jp/h.horikawa/

主任研究員 吉見 雅行 Masayuki Yoshimi

地震動等の予測の信頼性を上げるには,データに基づく検証が不可欠です.これまで長周期地震動等の予測シミュレーションやばらつきの提示,速度構造探査および地下構造のモデル化等を行ってきましたが,今後も,地形,地質情報,各種探査および観測記録を基にして,震源特性および媒質特性の把握と適切なモデル化,不確定性の提示を進めていきます.また,内陸地震等の緊急現地調査では情報発信に努めます.

主任研究員 加瀬 祐子 Yuko Kase

断層の幾何形状と地震の破壊過程との関係,特に,複数の隣接した断層が連続的に破壊していく連動型地震のメカニズムについて,数値計算を用いて定量的に調べる研究をおこなっています.また,地形・地質学の研究成果を基に震源域のモデルを構築し,起こり得る地震の破壊過程を推定することにより,災害予測のための震源モデルとしても利用できるものを作成することを目指しています.

主任研究員 竿本 英貴 Hidetaka Saomoto

これまで,応用力学や計算機を援用して地盤工学や土木工学,機械工学での問題解決に取り組んできました. 現在は,以下の研究を行っています.
・断層運動に起因する地盤変形予測
・位相最適化手法に基づく断層形状・走向の自動推定
・遺伝的アルゴリズムを用いたLiDARデータからの地震時変位抽出
・高解像度X線CTデータと数値解析に基づく地質材料の各種物性評価(比抵抗, 透水係数等)

主任研究員 大上隆史  Takashi Ogami

2017年度新規採用職員

産総研特別研究員 八木雅俊   Masatoshi Yagi

2017年度新規採用職員