ホーム > 研究グループ > 研究部門付

研究部門付

研究部門長 伊藤 順一 Jun'ichi Itoh

当部門で行っている火山および放射性廃棄物安全規制研究を担当しております.研究テーマとして,地質・岩石学的手法等を用いた火山活動史を解明する研究を行っています.

HP: https://staff.aist.go.jp/itoh-j/HomePage.html

副研究部門長 藤原 治 Osamu Fujiwara

副研究部門長 山元 孝広 Takahiro Yamamoto

総括研究主幹 今西 和俊 Kazutoshi Imanishi

自然地震観測とデータ解析に基づき,地震発生の原動力である力の状態を調べる研究を行っています.これまでは主に,内陸活断層の応力蓄積過程の解明,南海トラフで発生している深部微動の発生機構解明,絶対応力場を推定する手法開発を目指した研究に取り組んできました.今後もこれらの研究を発展させていくとともに,様々な専門知識を持ったグループ員との議論を通して,地震発生のしくみを着実に解き明かしていきたいと考えています.

HP: https://staff.aist.go.jp/k.imanishi/index.html

首席研究員 石塚 治 Osamu Ishizuka

招聘研究員 篠原 宏志 Shinohara Hiroshi

火山ガスやマグマ中の揮発性物質の挙動に着目した噴火・脱ガス過程の研究を実施しています.特に,最近開発した携帯型の噴煙組成観測装置(Multi-GAS)を用いて,国内外の活発な噴煙活動を行っている火山で火山ガス組成の現地観測や連続観測を行い,火山ガス組成の変動や分布の把握に基づく火山活動の評価や噴火・脱ガス過程のモデル化を進めています.また,噴気ガスの調査に基づく熱水系のモデル化を行っています.

招聘研究員 増田 幸治 Koji Masuda

室内実験による断層と地震発生メカニズムの研究を行っています.活断層深部の地震発生層におけるプロセスを明らかにするために,高温高圧の地下深部環境を実験室内に再現して岩石の物性を計測したり,岩石や断層の変形様式を解明する研究を行っています.水や流体が岩石の変形や地震発生に与える影響を明らかにする課題に取り組んできました.

招聘研究員 松本 哲一 Akikazu Matsumoto

石塚 吉浩 Yoshihiro Ishizuka (研究企画室出向中)2021年4月~

テクニカルスタッフ 黒坂 朗子 Akiko Kurosaka

テクニカルスタッフ 藤橋 葉子 Yoko Fujihashi