ホーム > 研究グループ > 研究部門付

研究部門付

研究部門長 桑原 保人 Yasuto Kuwahara

部門長挨拶ページをご覧ください.

副研究部門長 増田 幸治 Koji Masuda

室内実験による断層と地震発生メカニズムの研究を行っています.活断層深部の地震発生層におけるプロセスを明らかにするために,高温高圧の地下深部環境を実験室内に再現して岩石の物性を計測したり,岩石や断層の変形様式を解明する研究を行っています.水や流体が岩石の変形や地震発生に与える影響を明らかにする課題に取り組んできました.

HP: https://staff.aist.go.jp/koji.masuda/

副研究部門長 伊藤 順一 Jun'ichi Itoh

当部門で行っている火山および放射性廃棄物安全規制研究を担当しております.研究テーマとして,地質・岩石学的手法等を用いた火山活動史を解明する研究を行っています.

HP: https://staff.aist.go.jp/itoh-j/HomePage.html

首席研究員 岡村 行信 Yukinobu Okamura

主に日本周辺海域で反射法地震探査を実施し,得られた反射断面の地質学解釈に基づいて海底地質図を出版しつつ,海域の地質構造発達史,テクトニクス,地殻 変動,活断層などの研究を行ってきました.2004年に当時の活断層研究センターに異動し,過去の海溝型巨大地震を明らかにするため,仙台平野などの津波堆積物研究に参加してきました.

HP: https://staff.aist.go.jp/okamura-y/index.html

首席研究員 篠原 宏志 Shinohara Hiroshi

火山ガスやマグマ中の揮発性物質の挙動に着目した噴火・脱ガス過程の研究を実施しています.特に,最近開発した携帯型の噴煙組成観測装置(Multi-GAS)を用いて,国内外の活発な噴煙活動を行っている火山で火山ガス組成の現地観測や連続観測を行い,火山ガス組成の変動や分布の把握に基づく火山活動の評価や噴火・脱ガス過程のモデル化を進めています.また,噴気ガスの調査に基づく熱水系のモデル化を行っています.

マグマ活動研究グループHP

総括研究主幹 山元 孝広 Takahiro Yamamoto

研究主幹 星住 英夫 Hideo Hoshizumi

九州地域の活火山の噴火活動履歴や火山岩類の時空分布を調査研究しています.これまでに,火山地質図,5万分の1地質図,20万分の1地質図などを作成してきました.

テクニカルスタッフ 黒坂 朗子 Akiko Kurosaka

テクニカルスタッフ 藤橋 葉子 Yoko Fujihashi

アシスタント 野田 彩花 Ayaka Noda