ホーム > 研究グループ >大規模噴火研究グループ

大規模噴火研究グループ | メンバー紹介

大規模噴火研究グループでは,巨大火砕流やカルデラ形成などをひきおこす大規模・爆発的噴火を対象に,大規模噴火に至るまでのマグマ供給系の変化の把握,噴火活動推移の把握,そして大規模噴火による影響の予測を目指した研究を,火山活動研究グループマグマ活動研究グループと協力しながら実施しています.

 

大規模噴火の例:屈斜路

 

グループメンバー紹介

グループ長 下司 信夫 Nobuo Geshi

HP: https://staff.aist.go.jp/geshi-nob/

主任研究員 宝田 晋治 Shinji Takarada

HP: https://staff.aist.go.jp/s-takarada/

主任研究員 宮城 磯治 Isoji Miyagi

マグマに含まれる水が,マグマの蓄積や移動(噴火)に与える影響に興味があります.詳細は筆者の研究紹介のページをご覧ください.

HP: https://staff.aist.go.jp/miyagi.iso14000/myHomeJ.html

主任研究員 古川 竜太 Ryuta Furukawa

HP:https://staff.aist.go.jp/furukawa-r/

研究員 山崎 雅 Tadashi Yamasaki

2017年度新規採用職員

研究員 松本恵子 Keiko Matsumoto

2017年度新規採用職員

非常勤研究員 高田 亮 Akira Takada

1)マグマの上昇路である岩脈をもとにしたマグマの上昇機構,2)複成火山,単成火山,カルデラ火山の噴火履歴の研究,3)火山の発達史とテクトニクスの関係,4)地球規模の巨大噴火(カルデラ噴火)の中長期予測技術開発.
研究手法:噴火履歴調査,アナログ材料を使ったモデル実験,理論的解析.
研究対象火山:富士山,インドネシアの火山など.
研究成果をもとにした噴火実験によるアウトリーチ活動.

HP: https://staff.aist.go.jp/a-takada/Akira_Takada_HP/Welcome.html

産総研特別研究員 潮田 雅司  Masashi Ushioda

産総研特別研究員 大槻 静香  Shizuka Otsuki

テクニカルスタッフ 苅谷 恵美 Emi Kariya

テクニカルスタッフ ジョエル バンディバス Joel Bandibas

客員研究員 グェン・ホァン Ngyuen Hoang