ホーム > 研究グループ >大規模噴火研究グループ

大規模噴火研究グループ | メンバー紹介

大規模噴火研究グループでは,巨大火砕流やカルデラ形成などをひきおこす大規模・爆発的噴火を対象に,大規模噴火に至るまでのマグマ供給系の変化の把握,噴火活動推移の把握,そして大規模噴火による影響の予測を目指した研究を,火山活動研究グループマグマ活動研究グループと協力しながら実施しています.

 

大規模噴火の例:屈斜路

 

グループメンバー紹介

グループ長 下司 信夫 Nobuo Geshi

HP: https://staff.aist.go.jp/geshi-nob/

上級主任研究員 宝田 晋治 Shinji Takarada

HP: https://staff.aist.go.jp/s-takarada/

主任研究員 宮城 磯治 Isoji Miyagi

マグマに含まれる水が,マグマの蓄積や移動(噴火)に与える影響に興味があります.詳細は筆者の研究紹介のページをご覧ください.

HP: https://staff.aist.go.jp/miyagi.iso14000/myHomeJ.html

主任研究員 山崎 雅 Tadashi Yamasaki

研究員 松本恵子 Keiko Matsumoto

リサートアシスタント 西原 歩 Ayumu Nishihara

リサートアシスタント 金田 泰明 Yasuaki Kaneda

テクニカルスタッフ 星住 英夫 Hideo Hoshizumi

九州地域の活火山の噴火活動履歴や火山岩類の時空分布を調査研究しています.これまでに,火山地質図,5万分の1地質図,20万分の1地質図などを作成してきました.

テクニカルスタッフ 苅谷 恵美 Emi Kariya

テクニカルスタッフ ジョエル バンディバス Joel Bandibas

テクニカルスタッフ 山田 伊久子 Ikuko Yamada

テクニカルスタッフ 池上 郁彦 Fumihiko Ikegami