ホーム > 研究グループ > 地震テクトニクス研究グループ

地震テクトニクス研究グループ メンバー紹介

当グループでは,断層岩の地質調査,室内岩石実験,数値シミュレーション,地震観測・解析などの研究を有機的に連携させて,地震が発生する場や発生にいたるプロセスを解明する研究に取り組んでいます.現在は主に,詳細な「力の地図」をもとにした関東地域における地震テクトニックマップの試作,脆性から塑性に至る断層変形プロセスの解明,古地震データと地球物理観測データを統合した地震サイクルシミュレーションの技術開発に取り組んでいます.これらの研究を通して,地震の発生時期と規模の予測技術を確立するための土台作りを進めていきます.

岡谷市トレンチ調査
地震が発生する場や発生にいたるプロセスの解明を目指した当グループの研究アプローチ

グループメンバー紹介

グループ長 今西 和俊 Kazutoshi Imanishi

自然地震観測とデータ解析に基づき,地震発生の原動力である力の状態を調べる研究を行っています.これまでは主に,内陸活断層の応力蓄積過程の解明,南海トラフで発生している深部微動の発生機構解明,絶対応力場を推定する手法開発を目指した研究に取り組んできました.今後もこれらの研究を発展させていくとともに,様々な専門知識を持ったグループ員との議論を通して,地震発生のしくみを着実に解き明かしていきたいと考えています.

HP: https://staff.aist.go.jp/k.imanishi/index.html

主任研究員 重松 紀生 Norio Shigematsu

過去の断層深部が現在地表に露出している地域の地質調査に基づき,内陸地震の発生過程を明らかにする研究を行っています.また調査により明らかになった断層岩の変形過程を実験室で再現することにより,地震予測精度向上につなげることも目指しています.

主任研究員 高橋 美紀 Miki Takahashi

地下の岩石の高温・高圧環境を実験機の中に再現し,岩石の変形挙動やさまざまな物性を測定することで,地震発生のメカニズムを明らかにすることを目指しています.特に脆性ー塑性遷移領域の摩擦挙動や流体圧の影響による摩擦挙動の変化をとらえる研究を重点的に行っています.

研究員 内出 崇彦 Takahiko Uchide

地震データ解析によって,実際に起こった地震の性質を多様な観点から研究しています.これまでは,地震の規模による震源過程の性質の違いについての研究(震源破壊成長のスケーリング研究),震源からの地震波放射の周波数帯による違いについての研究を行ってきました.現在はそれらに加えて,活断層等で発生する小さな地震の性質を詳しく調査することで,同じ場所で起こる過去や未来の大地震の特徴を理解する手掛かりにしたいと考えています.

HP: http://staff.aist.go.jp/t.uchide/

研究員 大谷真紀子 Makiko Ohtani

地下の断層で応力が蓄積し地震が発生する様子をモデル化し,計算機上で再現する研究を行っています.これにより,断層面上で発生する地震やゆっくり地震等複数のすべり現象の相互作用を明らかにし,巨大地震の発生サイクルにおける巨大地震発生領域及びその周囲のすべり現象の活動推移を明らかにすることを目指しています.

産総研特別研究員 北村真奈美 Manami Kitamura 

実験室での岩石の変形実験に基づいて,地震の発生機構を明らかにする研究をおこなっています.現在は超臨界条件下での変形実験をおこなうことで,火山近傍での地震発生過程を明らかにしようとしています.

テクニカルスタッフ 松下 レイケン Reiken Matsushita

地震波自動処理・震源決定システムを高精度化する研究を行っています.これまで跡津川,新潟県中越地域や糸魚川-静岡構造線などを対象とした,地震観測データに基づく活断層の応力場の評価手法に関わる技術業務の仕事に携わりました.今後も,主に地震波データを利用した研究をサポートできるソフトウェアの開発,それを用いた地震波処理解析などを行っていきます.地震発生のメカニズムの解明に貢献出来るよう,最先端の地震波自動処理手法の研究開発に努めていきます.

テクニカルスタッフ 中井 未里 Misato Nakai

データベース(地下構造可視化システム,地殻応力場データベース)構築・維持管理・公開の作業に従事しています.また各種web関連のコーディング・地図描画などを利用しチームの研究補助をしています.