部門の概要

活断層・火山研究部門では,地形・地質調査や各種観測を基に,地震・火山や数十万年単位の長期的な地質変動に関する地質情報の整備・将来予測の研究を行っています.また大地震や火山噴火の時には緊急調査を行い,様々な情報提供を行うことも重要な任務です.

 

研究部門の内容

1)地震・火山活動に関わる地質情報整備

わが国の活断層・津波や火山地質図および火山噴火活履歴データの整備,アジア地域の地震火山情報の整備を進める.

2)地震・火山活動のプロセスの理解,評価・予測手法の開発

南海トラフ巨大地震の中・短期予測,地震動・活断層の活動による地表変形の予測,火山噴火プロセス・活動推移のモデル化を目指す.

3)長期的な地質変動の評価・予測手法の開発

評価期間が百万年にまで至る放射性廃棄物の地層処分などに対する安全規制への技術支援研究を実施する.

 

日本列島と周辺地域での地震・火山活動・地下水流動などの諸現象の起こり方

日本列島と周辺地域での地震・火山活動・地下水流動などの諸現象の起こり方.