Pursuing MONOZUKURI
Science for Industries

About Us製造技術研究部門について

ものづくり技術は産業革命を経て、手作業から機械化、さらに自動化により生産性を高め、必要な「もの」を大量に供給することによって近代社会の発展を支えてきました。
今、21世紀の情報化社会における「ものづくり」においては、サイバーフィジカルシステム(Cyber Physical System:CPS)を活用し、社会のニーズを的確に捉え、オンデマンドに人々の要求機能に応える「もの」を創り出すことを求められています。

詳しくはコチラ

Research Topics研究部門の研究紹介

製造技術研究部門では、社会・人々が求める機能をオンデマンドで実現するための加工プロセスを中心に、設計から加工、評価までのプロセスチェーンの構成要素を研究しています。加工プロセスを科学的に理解し、デジタル技術を活用したデータ駆動型のスマートな課題解決手法を提示することで、創意工夫に富む差別化されたものづくり技術を皆さんに橋渡すことを目指しています。

Groups研究グループ