Structural and Processing Reliability Group構造・加工信頼性研究グループ

データベース化を図り、産業界への技術の橋渡しを行うことによって、産業競争力の強化へ貢献する

About研究グループについて

構造・加工信頼性研究グループは、輸送機器、産業機器等の構造部材、加工部材の安全・信頼性を確保するための研究開発を行っています。「材料の力学的信頼性」、「構造診断技術・シミュレーションによる構造最適化」、「先進加工技術の信頼性向上」の3本の柱を軸に、変形・破壊・加工メカニズム解明、構造最適化、信頼性向上などを実験や理論から研究を進めるとともに、データベース化を図り、産業界への技術の橋渡しを行うことによって、産業競争力の強化への貢献を目指しています。

Points研究の三本柱

  • 1材料の力学的信頼性
  • 2構造診断技術・シミュレーションによる構造最適化
  • 3先進加工技術の信頼性向上

輸送機器、産業機器等の構造部材、加工部材には、多種多様な構造材料、加工技術が用いられており、その安全・信頼性を確保することが必要不可欠です。
本研究グループでは、「材料の力学的信頼性」、「構造診断技術・シミュレーションによる構造最適化」、「先進加工技術の信頼性向上」の3本の柱を軸に、
・強度や疲労といった力学的信頼性を確保するための劣化・損傷メカニズムの解明
・構造を診断するためのセンサーやモニタリング技術の開発
・シミュレーションによる構造最適化
・付加加工、表面処理や衝撃成形などの先進加工技術の信頼性向上
など安全・安心な社会の構築に取り組んでいます。

Subjects研究課題

  • 1.構造・加工材料の力学的信頼性評価
    接着加工材の微小力学特性試験<br>バルク材料試験機

    輸送機器の軽量化・低燃費化には、軽量かつ高剛性な複合材料を組み入れることが求められます。そのような材料の力学特性・寿命評価や接着・接合する技術を開発しています。

  • 2.構造診断技術・シミュレーションによる構造最適化
    漏洩磁束密度計測による欠陥評価

    構造物の疲労寿命を推定するためには、内部に存在する欠陥等の欠損箇所を詳しく分析することが必要です。そこで構造物の外部表面から計測した物理情報を元に物体内部の構造を診断する計算技術の研究を行っています。

  • 3.先進加工技術の信頼性向上
    新しいDEDプロセスの開発

    輸送機器や産業機器には、近年多種多様な構造部材が用いられており、その材料に適した加工技術が求められています。そこで、付加加工、表面処理や衝撃成形などの先進加工技術に関する加工の信頼性向上を目指し、研究開発を行っています。

Themes個別研究課題

  • 構造・加工材料の力学的信頼性評価 輸送機器の軽量化・低燃費化には、軽量かつ高剛性な複合材料を組み入れることが求められます。そのような材料の力学特性・寿命評価や接着・接合する技術を開発しています。 詳しくはこちら
  • 構造診断技術・シミュレーションによる構造最適化 構造物の疲労寿命を推定するためには、内部に存在する欠陥等の欠損箇所を詳しく分析することが必要です。そこで構造物の外部表面から計測した物理情報を元に物体内部の構造を診断する計算技術の研究を行っています。 詳しくはこちら
  • レーザDEDによる加工技術の開発 レーザDED装置を細書微細用に開発し、複数の材料を所望の箇所に造形する加工技術を確立します。 詳しくはこちら
  • 表面処理プロセス・インフォマティクス・ツール めっき、スパッタリングなどの表面処理に関するデータベースなどプロセス情報をソフトウェア化する研究を行っています。 詳しくはこちら
  • 電磁成形技術の開発 電磁力を使ってアルミ等の軽金属の成形や異種材接合を超高速で加工する技術の研究を行っています。 詳しくはこちら
  • 圧電デバイスの開発 振動の検出・抑制を可能とするスマートボードの開発や、形状記憶効果・超弾性効果・圧電効果・焦電効果の4つの機能を持つ複合機能繊維の開発、エナジーハーベストデバイスへの応用等を行っています。 詳しくはこちら