製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > スマート製造  >つながる工場
スマート製造

つながる工場

  産総研・製造技術研究部門で行っているスマート製造にかかわる研究開発として、臨海副都心センターのCPS研究棟「つながる工場モデルラボ」での取り組みを紹介します。工場の各種加工機から得られる情報の取得とその見える化、その情報をもとにした「工場のモデル化・CPS(Cyber Physical System)化(現実世界と計算機上モデルの一体化)」にむけての研究を行っています。工場の状態を情報として知ることを手始めとして、それらのCPS化により、加工機間、工場間、企業間などそれぞれのレベルでの連携による「つながる工場」としての新しい未来の工場の可能性をお見せできればと考えています。
  ここでは、こうしたコンセプトのご紹介や、工場見える化、つながる工場を御社で実現するための様々なツール、関連する情報のリンク集などを順次整備していきたいと考えています。産総研の研究活動を知るきっかけになれば幸いです。

紹介ビデオ






対談篇


株式会社ミスミ様との対談記事のリンクです。


つながる工場見学篇


株式会社ミスミ様につながる工場をご見学いただいた記事のリンクです。































MZプラットフォームへ
↑MZプラットフォーム