本文へ

研究グループ紹介

素形材加工研究グループ

研究グループ長:花田 幸太郎

 素形材加工研究グループは、新素材・難加工材の加工や多様な製品ニーズ・生産形態への対応を想定し、鋳造、塑性加工、設計・シミュレーション等のグループの特徴である素形材加工関連技術の高度化を進めるとともに、組織学的アプローチによる加工制御や加工による材料特性・機能性の創出、AI等による製造技術の最適化・効率化に関する研究開発を行っています。

積層加工システム研究グループ

研究グループ長:松本 光崇

 次世代のフレキシブルなスマート製造の実現に向けて、金属積層造形(Additive Manufacturing/付加製造/金属3Dプリンター)の研究開発を中心に進めています。また生産側と生産物の多様性に対応した次世代工場のコンセプトの検討や、製造した製品・パーツを可能な限り使用し続ける循環生産の要素である製品リマニュファクチャリング(Remanufacturing)の研究を進めています。要素技術開発として、下に示す金属積層造形の各種基本技術の開発に加えて、電解レーザー複合加工(DEEL)や3軸回転駆動を実現する球面モータの開発に取り組んでいます。

トライボロジー研究グループ

研究グループ長:芦田 極(兼務)

 トライボロジー研究グループは、摩擦や摩耗、潤滑に係る諸問題を解決するための研究を行っています。これらの問題は産業機械だけでなく、輸送機械や家電、さらには機械以外にも、身の回りにたくさん存在します。さまざまな条件で生じるトライボロジー現象について、メカニズム解明、特性向上、最適設計などを実験と解析の両面から進め、産業振興や持続的社会の実現を目指します。

表面機能デザイン研究グループ

研究グループ長:栗原 一真

 「表面構造形成(加工)」「表面修飾」「高機能計測設計」を融合させ、「光」「濡れ性」「すべり性」などの表面制御が可能な高機能部材や加工技術の研究を行っています。さまざな分野の知見をもつ研究者が一体となって取り組むことのできる体制を構築し、表面機能物理現象の解明や提案から、実際に加工・評価を行い、社会実装を通して橋渡しを行う一貫した活動に取り組んでいます。

構造・加工信頼性研究グループ

研究グループ長:原田 祥久

構造・加工信頼性研究グループでは、輸送機器、産業機器等の構造部材や加工部材の安全・安心に必要な信頼性に関する研究開発をしています。具体的には、強度や疲労といった力学的信頼性を確保するための劣化損傷メカニズムの解明、構造を診断するためのセンサーや非破壊評価技術の開発、シミュレーションによる構造最適化などを行い、「先進加工技術の高度化」に反映を図っています。

▲ ページトップへ