分析計測標準研究部門

現在位置組織 > 分析計測標準研究部門  > 研究グループ紹介

研究グループ紹介

音響超音波標準研究グループ

音響標準と超音波標準の研究開発と維持供給、関連する精密計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. 音響パワー標準の開発
  2. OA機器等の発する音エネルギ(音響パワー)評価に用いる基準音源の校正技術を開発しています。
  3. 超音波音圧標準の開発
  4. 超音波放射機器の評価に用いる音圧センサ(ハイドロホン)の感度校正技術を開発しています。
  5. キャビテーション発生量の定量計測技術の開発
  6. 強力超音波の洗浄能力評価に資するキャビテーション発生量の定量計測技術を開発しています。
基準音源の校正装置
高分解能化のため開発したキャビテーションセンサ(外径5 cm)

放射線標準研究グループ

放射線に関わる計量標準の開発・維持・供給および関連する計測技術の開発
研究テーマ
  1. 医療用リニアックの水吸収線量標準の開発
  2. 放射線治療装置で利用される放射線の線量を評価し、医療の安全に貢献しています。
  3. 水晶体の線量に関する標準の開発
  4. 水晶体の被ばく線量を推定するための線量標準を開発し、健康被害低減に貢献します。
  5. 福島県の復興を支える放射線計測技術の開発
  6. 環境放射線計測機器の開発、トレーサビリティ確保のため校正技術を開発しています。
医療用リニアックの線量を評価
低線量率γ線照射システムの開発
環境放射線計測用機器の開発

放射能中性子標準研究グループ

放射能および中性子に関わる計量標準の開発・維持・供給、および関連する計測技術の開発
研究テーマ
  1. 放射能測定技術・標準開発
  2. 低レベル放射能測定技術を応用し、食品試料の放射能測定の技術向上に資する認証標準物質を開発しています。全国の測定機関を対象に技能試験を展開しています。
  3. 中性子測定技術・標準開発
  4. 原子力、医療等各種の分野で利用される、多様な中性子測定器に応じた校正用中性子場の技術開発を行っています。
放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質
中性子サーベイメータ校正

X線・陽電子計測研究グループ

X線および陽電子をプローブとした計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. 陽電子材料評価技術開発
  2. 陽電子ビームを高度に制御することにより、先端材料の評価を可能にしています。
  3. 可搬型X線源開発
  4. カーボンナノ構造体を用いた小型高出力の非破壊検査用X線源を開発しています。
  5. 放射線線量計開発
  6. 1年以上の電池寿命を持つ個人向け放射線線量計を開発しました。
陽電子ビームライン
可搬型X線源
個人向け放射線線量計

ナノ顕微計測研究グループ

電子線やイオンビーム等をプローブとしたナノ領域の計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. 顕微鏡法や質量分析法において新規要素技術の開発
  2. デュアルプローブ近接場走査顕微鏡やSIMS用クラスターイオン銃、構造解析質量分析技術の開発を行なっています。
  3. ナノ材料の安全性評価に関する顕微計測技術の開発
  4. ナノ材料の安全性評価と適性管理のために必要な計測技術の開発を行なっています。
  5. ナノ材料計測の国際標準化の推進
  6. ISO/TC201(表面分析)やISO/TC229(ナノテクノロジー)においてナノ材料計測の国際標準化を推進します。
標準試料搭載型原子間力顕微鏡
多層カーボンナノチューブを吸入させたラット肺胞マクロファージの電顕写真

放射線イメージング計測研究グループ

放射線をプローブとした可視化計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. 可搬型電子加速器を使ったインフラ診断・非破壊イメージング技術
    コンクリート壁の内部を片側からのアクセスで簡単に可視化できるようにします。
  2. X線イメージング技術
    軟X線~ガンマ線イメージング、検出器の開発を行っています。
  3. 高強度レーザーを使った量子ビーム生成、加速、および産業利用
    テラワット(TW)の高ピーク出力のレーザーを使った量子ビーム源の研究を行っています。

非破壊計測研究グループ

超音波等を用いた画像解析による非破壊計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. レーザー超音波を利用した探傷技術の開発
  2. レーザー走査を行って、様々な材料・形状の構造物を伝わる超音波を可視化し、探傷する技術を開発しています。
  3. モアレ縞を利用した変位ひずみ分布計測法の開発
  4. ナノからメガスケールの構造物の変位分布を正確に計測できる技術を開発しています。
  5. 高温下における炭素繊維・炭素材料の特性評価法の開発
  6. 2000℃を超える極限環境下における炭素材料の力学特性評価を可能にしています。

超音波探傷
モアレ縞計測
超高温引張試験装置ジグ

ナノ分光計測研究グループ

レーザー光等を用いたナノ領域の分光計測技術の研究開発
研究テーマ
  1. 光の吸収:高時空間分解レーザー分光法の開発と材料分析への応用
  2. 高輝度極短パルス光の吸収を用いた過渡吸収分光法の開発と機能性材料の状態変化分析への応用や、多光子吸収によるイオン化技術や光電子分光法の開拓を進めています。
  3. 光の反射:赤外線撮像技術とその画像処理技術の開発
  4. 赤外線の反射とその分光特性の画像処理により不可視空間の可視化を実現し、カラー動画を撮影可能な暗視カメラの開発に成功しました。
  5. 光の干渉:断層イメージング技術の高度化
  6. 強度相関や光波面の制御技術を利用して、より深い領域を、より高精細にイメージングする技術の確立を目指します。

赤外線撮像技術の開発による暗視測定.
左は従来型暗視カメラ画像, 右は開発した暗視カメラ画像 .


ページの先頭へ