分析計測標準研究部門

現在位置組織 > 分析計測標準研究部門  > 研究グループ紹介 > 非破壊計測研究グループ

非破壊計測研究グループグループのHP

構造体グループロゴ社会資本等に用いられる構造体及びその構成部材に発生する損傷・劣化を、精度良く検知する技術開発を行い、損傷・劣化が許容限界に達するまでの進展状況を計測し、診断する技術と計測装置を開発します。具体的には、1)欠陥を非接触で迅速に検出するレーザー超音波可視化探傷技術、2)モアレを利用したマルチスケール変位・ひずみ分布計測技術の開発です。
 また、近年、構造材料としての適用が拡大しつつある炭素繊維及び炭素繊維強化複合材料や高温部材として用いられているカーボン材料などの材料力学特性評価及び超高温における材料特性評価手法の開発を行っています。  

グループの研究課題

図1
図1 内壁に欠陥を有するパイプの超音波可視化探傷

超音波を利用した構造体健全性評価技術の確立

◆超音波可視化探傷技術

 レーザー走査による熱励起超音波を利用して、任意形状物体表面の超音波伝搬状態を非接触非破壊で簡便に可視化できるシステムの開発を進めています

 

図1
図2 最先端画像処理技術を用いた
大型構造物の微小変位分布の測定

画像処理を利用した大型構造物変位計測技術の確立

 変形前後各1枚の格子画像から簡便かつ高精度に構造物の微小変位分布を測定できる全視野変位計測手法を開発しています。10メートル長の大型天井クレーンに対してサブミリオーダーのたみわ検出に成功しています。

図1
図3 超高温引張試験装置ジグ

炭素系材料の材料力学特性評価

 人造グラファイト,炭素繊維などカーボン系材料の応用に適した様々な特性の評価技術を開発し,測定手法の標準化と特性データベースの構築を目指します。

 

グループの構成メンバー

顔写真 所属・役職及び名前 専門分野 メールアドレス、ホームページ、他
遠山
グループ長
遠山 暢之(Nobuyuki TOYAMA)

複合材料工学、非破壊評価、超音波探傷、構造ヘルスモニタリング

メールアドレスtoyama-n[アット]aist.go.jp
岩下
上級主任研究員
岩下 哲雄(Norio IWASHITA)
無機材料科学、炭素材料、炭素繊維、炭素繊維強化複合材料、電池電極材料 メールアドレスn-iwashita[アット]aist.go.jp
ホームページURLHP
岡部
主任研究員
藤田 和宏(Kazuhiro FUJITA)

複合材料工学、材料力学

メールアドレスk-fujita[アット]aist.go.jp
永井
主任研究員
永井 英幹(Hideki NAGAI)
材料力学一般、 計算機利用技術一般 メールアドレスnagai-h[アット]aist.go.jp
山本
主任研究員
山本 哲也(Tetsuya YAMAMOTO)
波動伝搬 メールアドレスtetsuya.yamamoto[アット]aist.go.jp
李
主任研究員
李 志遠(Shien RI)
光学的手法、画像計測、実験力学、装置開発 メールアドレスri-shien[アット]aist.go.jp
ホームページURLHP
李
研究員
王 慶華(Qinghua WANG)
変形計測、実験力学、構造解析 メールアドレスwang.qinghua[アット]aist.go.jp
岡部
研究員
夏 鵬(Peng XIA)
ホログラフィ、形状計測 メールアドレスp.xia[アット]aist.go.jp
研究員
叶 嘉星(Jiaxing YE)
機械学習、異常診断 メールアドレスjiaxing.you[アット]aist.go.jp

([アット]を@にして送信してください)


ページの先頭へ