生物プロセス研究部門のサイトへようこそ。

研究部門長

 生物プロセス研究部門は、産総研の生命工学領域の中で「生物機能活用による物質生産技術」に関する研究開発を担う研究ユニットとして、微生物や植物による物質生産機能を高度化するための基礎的・基盤的研究から実用化研究に至るまで一貫した「バイオものづくり」研究を北海道センターとつくばセンターの2拠点体制で研究を展開しています。 このような研究に取り組むことで、循環型社会の実現や医療・健康を支える技術開発に貢献したいと考えています。

 主な研究課題として微生物あるいは植物による物質生産技術に関する研究開発を推進します。微生物を中心とした研究では、①生物資源や有用遺伝子資源探索技術開発、②微生物の生理的変化をゲノム科学的解析手法により解析し物質生産に結び付ける手法の開発ならびに③物質生産に適したプラットフォームの開発を行います。一方、植物を中心とした研究では、①植物機能を改変する技術あるいは育種技術などの開発による有用植物の作出、②植物工場など人工環境による高度な栽培技術の開発などを行います。

 

 このような研究を推進するため、所内外、国内外の様々な分野の研究者との連携により、分野融合の新たな研究展開を積極的に進めたいと考えています。また、開発技術の社会実装を念頭に民間企業との共同研究を積極的に推進するとともに連携大学院制度や技術研修制度による学生の受入や各種制度でのポスドクの受け入れ、指導を通して新たな研究開発人材の育成にも貢献したいと考えています。

 私達は、社会、産業界のニーズの把握に積極的に取り組み、地球規模の課題解決や我が国の産業の発展への貢献とともに地域産業の活性化への貢献も重視しながら、独創性の高い先端技術の開発及びその成果の社会への橋渡しを目指していきます。 引き続き、皆様からのご指導ご鞭撻を頂けましたら幸いです。

生物プロセス研究部門 部門長 鈴木 馨


page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6