イメージ

バイオテクノロジーによるものづくりのために ー基盤研究から実用化に向けた開発研究までー

 当部門では、化石燃料代替物質、化成品原料、医薬品原料、有用タンパク質、生物資材など、物質循環型社会の実現ならびに高品位な物質生産技術の開発に貢献することを目的とし、バイオプロセスによる高効率な物質生産を目指した基礎的・基盤的研究から実用化研究に至る幅広い研究を行っています。産業技術総合研究所の研究ユニットの中では、微生物、植物、昆虫、動物、培養細胞など多様な生物を扱っている数少ない研究部門です。



2022年1月25日
公開セミナー「海産無脊椎動物における寄生と共生:多様性、起源、進化を探る」をオンライン開催(2月9日)
2022年1月4日
公開セミナー「共生アーキアから見えてきた私たち真核生物の起源 」をオンライン開催(1月14日)
2021年12月22日
公開シンポジウム「動物科学の最前線:めくるめく多様性を科学する」をオンライン開催(1月29日)
2021年12月22日
無菌マウスにヒト腸内細菌を導入してデザイン腸内共生細菌叢に関する研究を推進しているDr. Mahesh Desai(Luxembourg Institute of Health, Luxembourg)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(1月25日)
2021年11月15日
アブラムシ細胞内共生系における物質輸送に関する研究で著名なProf. Alex Wilson (University of Miami, USA)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(12月7日)
2021年11月10日
共生細菌のちからで害虫が農薬に強くなる助け合いの仕組みを解明 −学術誌に発表−
2021年10月28日
働きアリと共生する新しい腸内細菌の発見 −学術誌に発表−
2021年10月22日
微生物生態工学研究グループ 伊藤英臣 主任研究員が第40回日本土壌肥料学会奨励賞を受賞
2021年10月21日
南極から新種のレジオネラ属菌の培養に成功 −学術誌に発表−
2021年10月12日
ヒドラの共生微生物の研究で著名なProf. Thomas Bosch(University of Kiel, Germany)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(10月26日)
2021年10月5日
成廣隆 微生物生態工学研究グループ長が第7回日本微生物生態学会奨励賞を受賞
2021年9月10日
2021年度第2回研究職公募を開始しました
2021年9月4日
生物共生進化機構研究グループ 森山実 主任研究員が日本昆虫学会若手奨励賞を受賞
2021年8月31日
共生細菌ボルバキアによる細胞質不和合の分子機構を世界に先駆けて解明したDr. John Beckmann(Auburn University, USA)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(9月28日)
2021年7月29日
共生細菌や細胞内小器官のゲノム進化研究で著名なProf. John McCutcheon(Arizona State Univ.)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(8月10日)
2021年7月28日
生物共生進化機構研究グループ 古賀隆一 研究グループ長らによる論文をPNAS誌のCommentaryが紹介
2021年7月9日
生物共生進化機構研究グループ 古賀隆一 研究グループ長らによる論文をScience誌のEditors' choiceが紹介
2021年7月5日
狩りバチや甲虫における微生物防衛共生の研究で知られる Prof. Martin Kaltenpoth(Max Planck Institute for Chemical Ecology)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(7月20日)
2021年6月22日
母から子への共生細菌の伝達に必須な宿主タンパク質を発見 −学術誌に発表−
2021年6月17日
防衛共生の実験室進化などの仕事で知られるProf. Kayla King (Univ. Oxford, UK) の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(6月30日)
2021年5月19日
最小細胞や合成生物学の研究で世界をリードする米国クレイグ・ベンター研究所のProf. John Glassの講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(6月11日)
2021年3月31日
2021年度第1回研究職公募を開始しました(3月31日)
2021年3月9日
物理学を背景とした理論生物学を活発に推進しているDr. Mikhail Tikhonov (Washington Univ. St Louis, USA)の講演をZoomオンライン国際ウェビナーとして実施(3月26日)
2021年2月25日
Spiroplasma等のゲノム縮小共生細菌の比較ゲノム進化研究で知られる Dr. Chih-Horng Kuo (Academia Sinica, Taiwan) の講演を、Webexオンライン国際ウェビナーとして実施(3月3日)
2020年7月15日
微生物生態工学研究グループ 菊池義智主任研究員が第4回バイオインダストリー奨励賞を受賞
2020年6月13日
共生細菌が宿主昆虫の幼虫と成虫で異なる機能を担うことを発見 −学術誌に発表−
2020年6月10日
取材協力を行った「ダーウィンが来た!」の放送が決定(NHK:東京生きもの調査隊 初夏だけど冬編)
2020年6月9日
生体分子工学研究グループ 津田栄上級主任研究員が令和元年度(第10回)低温生物工学会・学会賞を受賞
2020年2月12日
公開セミナー「微生物の競争と協力がもたらす帰結: 細胞性粘菌と中心珪藻を例として」開催(2月17日)
2020年1月7日
植物分子工学研究グループ 松村健グループ長が第8回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞
2020年1月6日
公開セミナー「真社会性・細胞内共生における「倍数化」の生物学的意義を探る」開催(1月6日)
2019年11月18日
応用分子微生物学研究グループ 玉野孝一主任研究員が2019年度日本農芸化学会北海道支部奨励賞を受賞
2019年11月15日
公開セミナー「The Biology and Evolutionary Aspects Behind the Zombie-ant Fungi」開催(11月20日)
2019年11月6日
公開セミナー「シロアリにおけるカースト特異的な形態形成 -社会性・群体性に共通する多型制御機構-」開催(11月13日)
2019年10月23日
昆虫の特異的な腸内共生は細菌間の競合によって形作られる −学術誌に発表−
2019年10月3日
ERATO 深津共生進化プロジェクトの採択決定
2019年10月3日
公開セミナー「クモの造網行動をあやつる寄生バチ:操作された網から見える適応進化と機構」開催(10月7日)
2019年9月30日
公開セミナー「ヤドリバエのファネルから探る内部捕食寄生者の寄主適応」開催(10月2日)
2019年7月29日
植物機能制御研究グループ 光田展隆グループ長、及び生物資源情報基盤研究グループ 玉木秀幸グループ長が第3回バイオインダストリー奨励賞をダブル受賞
2019年4月17日
兵隊アブラムシが放出する体液で巣を修復する仕組みを解明 −学術誌に発表−
2019年4月17日
公開セミナー「カイコを用いた蛹変態制御機構の解明」のご案内 (4月17日)
2019年4月3日
公開セミナー「糸状菌の菌糸生長について、そして糸状菌と細菌の新しい相利共生へ」のご案内 (4月10日)
2019年4月1日
鈴木 馨 新部門長が就任しました。(4月1日)
2019年2月19日
氷の結晶化は極少量の抗凍結タンパク質(AFP)で止まる −学術誌に発表−
2019年1月23日
トンボ由来の紫外線反射物質を同定 −学術誌に発表−

研究グループ


page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6