イメージ

バイオテクノロジーによるものづくりのために ー基盤研究から実用化に向けた開発研究までー

 当部門では、化石燃料代替物質、化成品原料、医薬品原料、有用タンパク質、生物資材など、物質循環型社会の実現ならびに高品位な物質生産技術の開発に貢献することを目的とし、バイオプロセスによる高効率な物質生産を目指した基礎的・基盤的研究から実用化研究に至る幅広い研究を行っています。産業技術総合研究所の研究ユニットの中では、微生物、植物、昆虫、動物、培養細胞など多様な生物を扱っている数少ない研究部門です。



2022年6月29日
公開セミナー「サンゴと藻類の共生:環境に適した共生パートナーの獲得と環境適応」(7月8日)
2022年6月24日
ペットボトル原料製造過程における難分解性廃水の効率的な処理に成功
2022年6月20日
公開セミナー「内部共生の理論に向けて」をオンライン開催(6月28日)
2022年6月2日
公開セミナー「生物発光の進化と盗タンパク質」をオンライン開催(6月15日)
2022年5月23日
公開セミナー「自己複製RNAの進化が生み出す寄生と共生」をオンライン開催(6月2日)
2022年5月16日
微生物バイオフィルムの研究で知られるDr. Knut Drescher(University of Basel, Switzerland)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(6月20日)
2022年5月11日
公開セミナー「実験室内でのRNAファージQβの適応進化」をオンライン開催(5月20日)
2022年4月27日
公開セミナー「寄生生物ハリガネムシ類による宿主操作の仕組みと自然生態系における役割」をオンライン開催(5月10日)
2022年4月21日
環境生物機能開発研究グループの菊池義智グループリーダーがNHKEテレ サイエンスZEROに出演(4月24日)
2022年4月20日
ハムシ類の植物消化に関わる共生細菌の研究で知られるDr. Hassan Salem(Max-Planck Institute for Biology, Germany)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(5月9日)
2022年4月12日
公開セミナー「寄生と共生をめぐるナチュラルヒストリー:光合成をやめた植物の不思議な生態を中心に」をオンライン開催(4月26日)
2022年3月29日
公開セミナー「繊毛虫ミドリゾウリムシを用いた細胞内共生の成立・維持機構の解明」をオンライン開催(4月11日)
2022年3月14日
昆虫―微生物共生に関する広範な研究で著名なProf. Nancy Moran(University of Texas at Austin, USA)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(4月8日)
2022年3月7日
公開セミナー「寄生植物の寄生メカニズム解明を目指して」をオンライン開催(3月28日)
2022年2月28日
トンボの幼虫から成虫への変態に必須な遺伝子群の同定に成功 −学術誌に発表−
2022年2月28日
微生物実験進化研究で著名なProf. Christian Kost(University of Osnabrück, Germany)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(3月8日)
2022年2月24日
公開セミナー「細菌から探るメンブレンベシクルワールド」をオンライン開催(3月3日)
2022年2月10日
公開セミナー「多種生物システムの動態理解に向けたゲノム科学と群集生態学の融合」をオンライン開催(2月22日)
2022年2月8日
ショウジョウバエの防衛共生細菌その他の多様な無脊椎動物の共生細菌に関する研究で知られるProf. Steve Perlman(University of Victoria, Canada)の講演を、Zoomオンライン国際ウェビナーとして実施(2月25日)
2022年1月25日
公開セミナー「海産無脊椎動物における寄生と共生:多様性、起源、進化を探る」をオンライン開催(2月9日)
2022年1月4日
公開セミナー「共生アーキアから見えてきた私たち真核生物の起源 」をオンライン開催(1月14日)

*** 2021以前を表示 ***


研究グループ


page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6