合成生物工学研究グループ
ミッション

当研究室では〈微生物による物質生産〉に関する基盤技術開発(探索、改良、生産)を行っています。蓄積を続けるバイオビッグデータのドライ解析技術を開発し、有用遺伝子の探索等を行います。そしてインフォマティクスによる予測結果を実験により精密に検証します。有用遺伝子の探索手段としては、環境ゲノムを給源とした活性スクリーニング(メタゲノミクス)も行っています。遺伝子の機能改良には進化分子工学を駆使します。物質生産のプラットフォームとしては大腸菌やカビを用い、リボソーム工学、ゲノム育種、代謝工学、進化分子工学などの手法により新規化合物合成・デザイン・生産性改良などを行っています。

主な研究課題

生物資源の探索

  • バイオビッグデータのドライ解析技術の開発
  • 環境メタゲノミクス
  • 超好熱菌アーキアゲノムの活用

生物機能の改良

  • 進化分子工学による生体分子(酵素、タンパク質)の機能改変
  • リボソーム工学による大腸菌宿主機能改変
  • 代謝工学による糸状菌宿主による物質生産性の改良

ターゲット

  • 新規二次代謝産物
  • 産業用酵素
  • 合成生物学に有用な遺伝子パーツ
採用情報

北海道センター

  • 植物分子工学研究グループ
  • 分子生物工学研究グループ
  • 生体分子工学研究グループ
  • 応用分子微生物学研究グループ
  • 環境生物機能開発研究グループ
  • 生物材料工学研究グループ
  • 不凍蛋白質特別研究チーム
  • 生物システム工学特別研究チーム

つくばセンター

  • 生物共生進化機構研究グループ
  • 生物資源情報基盤研究グループ
  • 合成生物工学研究グループ
  • 植物機能制御研究グループ
  • バイオデザイン研究グループ

研究部門長

  • 研究部門長

LINK

産総研北海道センターサイトへ
産総研サイトへ

■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
011-857-8537(代)
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6
029-861-6040(代)