本文へ

電子セラミックスグループ

グループの研究課題

電子セラミックスを中心として、新規セラミックスナノ材料の創製・機能開拓からガスセンサ等のデバイス開発までを行っています。 具体的には、セラミックスナノ材料の開発、白金代替高温導電性酸化物の開発、バルク応答型ガスセンサ材料の開発、 VOC・呼気・皮膚ガス・室内ガス等を対象としたガスセンサの開発、センサアレイおよび機械学習を用いたニオイ等の識別技術の開発、熱電発電モジュールの開発・実用化等を進めています。

図

図

図

図

図

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 増田 佳丈
ORCID Yoshitake Masuda Publons
主任研究員 三上 祐史
ORCID Masashi Mikami Publons
主任研究員 伊藤 敏雄
ORCID Toshio Itoh Publons
主任研究員 鶴田 彰宏
ORCID Akihiro Tsuruta Publons
研究員 崔 弼圭
ORCIDPilgyu Choi Publons
兼務)研究グループ付 赤松 貴文
ORCID Takafumi Akamatsu Publons

グループのホームページ

https://unit.aist.go.jp/ifm-ri/eceram/

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
極限機能材料研究部門 電子セラミックスグループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:M-webmaster_ifm-ri-ml*aist.go.jp (*を@に変更して使用してください。)


▲ ページトップへ