本文へ

ナノポーラス材料グループ

グループの研究課題

従来技術の改良研究だけでは実現できない機能設計、性能刷新、並びに用途開拓等を通じて、 サーキュラーエコノミーの実現を含む、新しい産業構造の提案に向け、精密多孔化に関する独自技術を技術基盤の中核に位置付け、 各種ナノ構造制御を駆使した無機系物質変換材料の開発並びにその利用技術の高度化を目指していきます。

 図

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 木村 辰雄
ORCID Tatsuo Kimura Publons
主任研究員 三木 健
ORCID Takeshi Miki Publons
主任研究員 大橋 文彦
ORCID Fumihiko Ohashi Publons
主任研究員 冨田 衷子
ORCID Atsuko Tomita Publons
研究員 若林 隆太郎
ORCID Ryutaro Wakabayashi Publons

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
極限機能材料研究部門 ナノポーラス材料グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:M-webmaster_ifm-ri-ml*aist.go.jp (*を@に変更して使用してください。)


▲ ページトップへ