本文へ

固体イオニクス材料グループ

グループの研究課題

超高効率でエネルギー・物質変換が可能な次世代固体酸化物形燃料電池(SOFC)やプロトン伝導セラミック燃料電池(PCFC)の実現に向けて、 ナノ複合化電極等の新規固体イオニクス材料や、電解質低温焼結等の革新プロセス技術の研究開発に取り組んでいます。 また、ロボットやドローン等の小型モビリティ向け電源として、液化石油ガス(LPG)やエタノール等水素以外の燃料を用いることができる燃料電池の実証を行っています。

図1


約10 nmに制御されたナノ複合化電極

図2


低温焼結によるPCFC電解質膜

従来の1/10~1/100オーダーで制御したナノ複合化電極の合成に成功しました。燃料電池や電解における電極活性の飛躍的な向上を実現するための検討を行っています。 難焼結性であるPCFC電解質の焼結温度を大幅に低下させても緻密質膜が得られる製造プロセスを確立しました。更なる低温化に向けた革新プロセスを開発しています。

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 申 ウソク
ORCID Woosuck Shin Publons
招聘研究員 水谷 安伸
ORCID Yasunobu Mizutani Publons
主任研究員 野村 勝裕
ORCID Katsuhiro Nomura Publons
主任研究員 島田 寛之
ORCID Hiroyuki Shimada Publons
主任研究員 山口 祐貴
ORCID Yuki Yamaguchi Publons
兼務)研究グループ付 鷲見 裕史
ORCID Hirofumi Sumi Publons

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
極限機能材料研究部門 固体イオニクス材料グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:M-webmaster_ifm-ri-ml*aist.go.jp (*を@に変更して使用してください。)


▲ ページトップへ