本文へ

蓄電材料グループ

グループの研究課題

モビリティやIoT社会への応用が期待される次世代の大容量全固体電池や高性能セラミックキャパシタなどの次世代蓄電デバイスの実現に向けて、 ナノ粒子合成・粒子界面制御などのセラミックスプロセスと高度ナノ構造解析技術や数値シミュレーションを融合した材料開発を推進します。


次世代全固体電池用電解質セラミックス
シートとそれを用いた積層型電池


高性能セラミックスキャパシタ用
ナノ結晶精密制御技術

高度に膜厚制御したシート成形技術による薄層セラミックスシートの開発、ナノ粒子合成や粒子界面低温接合制御技術による電極/電解質の複合化を行い、次世代全固体電池の実用化を進めます。 サイズおよび形状を精密に制御したナノ結晶の大面積規則配列自己組織化手法を開発しています。これにより新しい大容量超小型キャパシタへの応用を提案します。

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 濱本 孝一
ORCID Koichi Hamamoto Publons
上級主任研究員 劉 崢
ORCID Zheng Liu Publons
主任研究員 安井 久一
ORCID Kyuichi Yasui Publons
主任研究員 三村 憲一
ORCID Ken-ichi Mimura Publons
主任研究員 高橋 知里
ORCID Chisato Takahashi Publons
研究員 髙田 瑶子
ORCID Yoko Takada  Publons
研究員 浜尾 尚樹
ORCID Naoki Hamao Publons
研究員 板坂 浩樹
ORCID Hiroki Itasaka Publons

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
極限機能材料研究部門 蓄電材料グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:M-webmaster_ifm-ri-ml*aist.go.jp (*を@に変更して使用してください。)


▲ ページトップへ