生体材料研究グループ

生体材料研究グループ抗体、生体材料ならびに再生医療に関する目的基礎研究、品質・安全性評価、臨床橋渡し、標準化活動、ガイドライン作成を通して、整形外科、がん、歯科、心臓血管領域等の疾患治療ならびに新規細胞製造システムの構築に貢献します。

研究紹介

研究紹介
生体材料研究グループでは、アクティブエイジングの実現に貢献するため、抗体作製技術、コンビネーション医療機器、がん免疫療法用アジュバント設計・開発技術、免疫療法・物理治療複合がん治療技術、患者個別対応型インプラントならびに再生医療関連技術の開発を進めています。整形外科、がん、歯科、心臓血管領域等の疾患に対する身体に優しい治療、迅速な治療、個々の患者に適合した治療の円滑な社会実装を目指して、タンパク質レベルから臨床橋渡し、標準化・ガイドライン策定といった産業化レベルに至る研究開発とレギュラトリーサイエンスの実践に取り組んでいます。

メンバーと主な担当課題

研究成果
氏 名    役 職

主な研究テーマ

P

G.S.

カタログ

廣瀬 志弘  研究グループ長

・幹細胞機能の早期予測技術開発

・再生医療等製品製造システムの高度化

・再生医療産業化に資する開発ガイドライン・国際標準の策定

P

G.S.

カタログ

十河 友   主任研究員

・生体活性物質‐リン酸カルシウム複合層の形成

・シグナル分子複合化による生体材料の高機能化

・リン酸カルシウムを利用したDDS

P

G.S.

カタログ

羽生 義郎  主任研究員

・抗体作製技術の開発

・抗体の抗原認識機構の解明

・タンパク質発現技術の開発

P

G.S.

カタログ

安永 茉由  主任研究員

・成長因子コンビネーション製品等の品質管理

・高機能生体材料の分子細胞生物学的評価

・環境因子による幹細胞多能性維持への影響解析

P

G.S.

カタログ

王 秀鵬   主任研究員

がん免疫療法用アジュバントの設計・開発

がん複合免疫療法のメカニズム解明と臨床への橋渡し研究

がん免疫療法・伝統療法(手術/放射線/化学/光熱療法)との複合療法の開発

カタログ

孫  略   研究員

・新規生体材料の臨床利用へ向けた橋渡し研究

・物理治療と免疫療法の複合がん治療の開発

・放射線に関する研究

カタログ

森川 久未  研究員

researchmap

・生体材料を利用した生物学的心臓ペースメーカ組織の作製

・細胞外基質が細胞の形態・機能に及ぼす影響の解明

・細胞外基質の違いによる外来遺伝子導入効果の解析

<研究成果の凡例>

G.S.

Google Scholar:

P

Publons: