細胞機能解析研究グループ

研究紹介

研究紹介
健康な生き方の創出に貢献するために「生体の機能を可視化し、制御する技術」の開発を目指しています。健康を支え、守るためには生体の状態を正確に理解することが重要です。そこで、多種多彩な発光レポーター遺伝子および発光計測法の開発、さらには発光細胞を用いた新規セルベースアッセイ系の開発を進めています。これらの成果は「細胞内シグナル伝達の時系列変動の可視化」、「薬剤スクリーニングデバイスの開発」、「化学物質の細胞毒性評価系の確立」「生体時計や免疫機能を調節する物質の発見」に結実するとともに、企業による製品化の支援にも役立ちます。さらには、これらの技術開発によって見つかった機能性物質の生産・高機能化を行い、生体機能を制御する技術開発にも積極的に取り組んで行きます。
マイクロチップ電気泳動の生物学的解析への応用
マイクロ流路上での抗原抗体反応による迅速・高感度な血中バイオマーカー検出 マラリア原虫の迅速・超高感度検出チップ
また、健康を維持するためには、疾患が発症する以前つまり未病状態で生体内における代謝レベルでの変化を、鋭敏かつ正確に把握する必要があります。そこで、血液などを中心とする体液中に存在するタンパク質、糖、脂質など、各種疾患の病態を反映するバイオマーカーを対象にして、マイクロチップ基板やマイクロチップ電気泳動などナノバイオテクノロジーを用いたデバイス開発を行い、迅速・省サンプル・高感度な検出デバイスの構築を行っています。これら新規デバイスによりマーカー解析を行うことで、生活習慣病を対象に予知診断への応用を目指しています。またマイクロチップ基板上に多数のマイクロチャンバーを形成した細胞チップを用いて、各種細胞を対象に一細胞レベルでの細胞機能解析を行い各種疾患への診断応用を行っています。

メンバーと主な担当課題

研究成果
氏 名    役 職

主な研究テーマ

P

G.S.

カタログ

中島 芳浩  研究グループ長

生体機能の可視化及び制御技術開発

P

G.S.

カタログ

片岡 正俊  上級主任研究員

ナノバイオテクノロジーを用いた各種バイオマーカー解析

P

G.S.

カタログ

安部 博子  主任研究員

生体制御物質生産のための宿主開発及び制御物質の探索

P

G.S.

カタログ

梶本 和昭  主任研究員

ResearchGate

脂肪組織炎症の1細胞解析と診断・治療への応用

がん幹細胞検出と1細胞解析

脂肪組織を標的とするドラッグデリバリーシステム

P

G.S.

カタログ

橋本 宗明  主任研究員

マラリア診断デバイス開発

P

G.S.

カタログ

横田 一道  研究員

マイクロポアデバイスを用いた1細胞非標識検出と識別、およびそれを応用したリアルタイム微生物検査法の開発

鈴木 辰吾  クロスアポイントメントフェロー

<研究成果の凡例>

G.S.

Google Scholar:

P

Publons: