細胞機能解析研究グループ

研究紹介

研究紹介
健康な生き方の創出に貢献するために「生体の機能を可視化し、制御する技術」の開発を目指しています。健康を支え、守るためには生体の状態を正確に理解することが重要です。そこで、多種多彩な発光レポーター遺伝子および発光計測法の開発、さらには発光細胞を用いた新規セルベースアッセイ系の開発を進めています。これらの成果は「細胞内シグナル伝達の時系列変動の可視化」、「薬剤スクリーニングデバイスの開発」、「化学物質の細胞毒性評価系の確立」「生体時計や免疫機能を調節する物質の発見」に結実するとともに、企業による製品化の支援にも役立ちます。さらには、これらの技術開発によって見つかった機能性物質の生産・高機能化を行い、生体機能を制御する技術開発にも積極的に取り組んで行きます。

メンバーと主な担当課題

研究成果
氏 名    役 職

主な研究テーマ

WoS

G.S.

カタログ

中島 芳浩  研究グループ長

生体機能の可視化及び制御技術開発

WoS

G.S.

カタログ

安部 博子  研究グループ付
環境安全本部 環境安全部
ライフサイエンス実験管理室[総括主幹]

生体制御物質生産のための宿主開発及び制御物質の探索

WoS

G.S.

カタログ

田部井 陽介 主任研究員

ナノマテリアルの毒性発現機構の解明とメカニズムに基づいた評価系の構築

宮田 椋   研究員

ネットワーク解析を駆使した食品素材中のケミカルスペースの可視化

機器分析による食品素材中の機能性成分の化学構造の決定

機能性食品素材の生理活性評価

鈴木 辰吾  クロスアポイントメントフェロー

光照射により遺伝子発現を誘導する人工転写因子

癌を認識して特定の遺伝子を発現する人工転写因子

複数の遺伝子発現を電気回路のように調整可能な人工遺伝子回路

<研究成果の凡例>

G.S.

Google Scholar:

WoS

Web of Science: