ニュース一覧

NMIJ成果発表会(1/31-2/4)で発表します

2021年度 NMIJ成果発表会 特設ページにて1/31~2/4の間、オンデマンドによりグループの研究の一部をポスター発表いたします。

申し込みサイト
https://unit.aist.go.jp/nmij/public/events/seika/2021/index.html
(物質計測標準研究部門⇒材料構造・物性研究グループです)
P-C-56 オレイン酸類の高圧物性測定
P-C-57 固体ヨウ素の二つのインコメンシュレート相の結晶構造解析Ⅱ
P-C-58 リュウグウの熱拡散率の評価
P-C-59 環境制御下における水の相転移現象のX線回折その場観察
P-C-60 情報量規準を用いたピコメートル精度の単結晶精密原子構造解析
P-C-61 AIST先端ナノ計測施設(ANCF)固体NMR共同利⽤の成果事例

2022年01月28日

メンバーを更新しました

志賀拓磨さんが新しく主任研究員に着任しました。

大沼恵美子さんが新しくテクニカルスタッフに着任しました。

 

2022年04月01日

プレスリリースのお知らせ(独自の非接触計測技術で小惑星リュウグウの試料の熱物性を分析)

リュウグウから持ち帰った試料の初期分析を行う6つのチームのうち、大型粒子を対象とした「石の物質分析チーム」(プロジェクトリーダー=東北大学 中村 智樹 教授)は、リュウグウがどのように形成されて進化を遂げてきたかを解明することを目的とし、回収された試料の中でも1 mm~8 mmの大きさを持つ計17個の大型粒子を対象として、鉱物学的、岩石学的、物理特性的見地から分析を進めました。当グループは、「石の物質分析チーム」の一員として、「スポット周期加熱放射測温法」により物理的特性である熱拡散率の評価を実施しました。

プレスリリース 独自の非接触計測技術で小惑星リュウグウの試料の熱物性を分析

本研究成果は、はやぶさ2ミッション初期分析チームの石の物質分析チーム(チームリーダー=東北大学 中村 智樹 教授)の成果の一部であり、分析結果をまとめた論文が、2022年9月23日付アメリカ科学雑誌「Science」オンライン版に掲載されました。(JAXAプレスリリース https://www.jaxa.jp/press/2022/09/20220923-1_j.html

論文情報
雑誌名:Science
論文タイトル:Formation and evolution of carbonaceous asteroid Ryugu: Direct evidence from returned samples
著者:T. Nakamuraら計221名(名大関係者:H. Nagano, S. Watanabe, T. Ishizaki(現JAXA), R. Fujita, A. Abdulkareem, 産総研関係者:T. Yagi, Y. Yamashita)
DOI:10.1126/science.abn8671

2022年09月28日

ERATO内田磁性熱動体に参画します!

物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点の内田 健一グループリーダーによるJST 「ERATO磁性熱動体」が開始されます。当グループは時空間熱計測グループとしてERATO磁性熱動体に参画いたします。

令和4年9月26日 国立研究開発法人 科学技術振興機構
戦略的創造研究推進事業における令和4年度新規研究総括および研究領域の決定について

2022年09月26日