本文へスキップ

熱物性標準研究グループ熱物性標準研究グループ熱物性標準研究グループ

熱物性標準研究グループ 


ようこそ、熱物性標準研究グループのホームページへ

熱物性標準研究グループの概要

固体熱物性に関する熱エネルギーの移動と蓄積にかかわる熱伝導率、比熱容量、熱拡散率、熱浸透率、
および材料寸法の温度変化を表す熱膨張率を研究対象とし、室温付近を中心に液体ヘリウム温度から2000℃以上の温度範囲の熱物性とその計測技術・標準について研究しています。

具体的には下記の分野を研究対象としています。

  1.これまで測定が困難であった対象や熱物性値を測る技術を開発する。
  2.熱物性測定の不確かさを低減させる。
  3.熱物性標準物質を開発する。
  4.熱物性測定技術を標準化する。
  5.熱物性測定を効率化する。(測定時間の短縮、測定装置の操作性向上、
    コストダウン、コンパクト化)
  6.既存の熱物性測定技術によりこれまで測定されていなかった物質・材料を測定して
    熱物性データを取得する。
  7.公表された熱物性データを評価し、熱物性データの推奨値を決定する。
  8.熱物性値の実測データ、評価済みデータ、推奨式、標準値などを収集、整理し、
    ハンドブックやデータベースなどの形態で提供する。

トピックス・イベント

お知らせ

2017年2月3日「平成28年度固体熱物性クラブ全体会合」を開催しました。

◇「平成27年度固体熱物性クラブ全体会合」

◇「平成26年度固体熱物性クラブ全体会合」

◇ 2017年6月 熱物性標準研究グループのホームページをリニューアルしました。

熱物性標準研究グルー

〒305-8563
茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第3 
TEL 029-861-4166
FAX 029-861-4039
E-mail:tpps_office-ml@aist.go.jp