産業技術総合研究所 物質計測標準研究部門 材料構造・物性研究グループ

材料構造・物性研究グループでは、先端材料に関わる精密構造計測技術や精密物性計測技術の研究を行っています。また、物質・材料物性のデータベースによる知的基盤を構築し、広く公開しています。以下は当グループの研究項目です。詳しくは、計測技術データベースのページをご覧ください。

■先端構造計測技術の開発と高度化
 ・X線CTによる3次元材料構造解析技術と密度・組成分析への展開
 ・計算科学を援用した粉末結晶構造解析技術
 ・単結晶精密原子構造解析技術
 ・固体NMR設備の一般公開(ナノテクプラットフォーム事業)とNMRの高感度化技術

■先端物性計測技術の開発と普及
 ・薄膜熱物性計測技術とフォノン熱輸送解析
 ・高圧下の液体粘性の計測と密度評価への展開
 ・高圧・高温下の熱伝導計測技術

■物質・材料物性データベースによる知的基盤
 ・有機化合物のスペクトルデータベース
 ・分散型熱物性データベース
 ・固体NMRスペクトルデータベース

■計量に関わる標準化活動への寄与
 ・ISOTC229の運営貢献
 ・JIS、ISO、VAMAS等の標準化活動への貢献

新着情報

2020年04月01日
新グループが発足しました