産総研  > 組織 > 電子光基礎技術研究部門 > 超伝導エレクトロニクスグループ

グループ概要


超伝導エレクトロニクスグループ

研究目標
新超伝導材料の開発、理論・実験両面からのアプローチによる高温超伝導機構解明、超伝導デバイスの応用技術の提案とその実現に向けた技術開発、および、銅酸化物高温超伝導線材や鉄系超伝導体の産業利用に向けた研究開発を推進します。

グループHP


重点研究
1) より高いTcを有する超伝導体、興味深い性質を示す超伝導体の開発
2) 産業応用を目指した銅酸化物高温超伝導ケーブル等の設計・試作
3) 鉄系高温超伝導材料の産業利用に向けた基盤技術の開発
4) 銅酸化物、鉄化合物超伝導体に代表される高温超伝導体の超伝導発現機構の解明
5) 新機能性物質、新規デバイスの開発に向けた研究、および、物性評価手法の開発

高圧合成法
極限環境下の物質合成、高スループット物質探索

帯域溶融法
最大、最高品質の銅酸化物高温超伝導体単結晶育成技術

第一原理電子状態計算
興味深い物性を示す化合物の電子状態評価

超高圧物性測定
等方的な圧力を加えることで乱れを入れずに構造を変える: 新物質開発への指針

微視的/巨視的現象論
細線化された超伝導線材の電磁応答特性のシミュレーション

試作した鉄系超伝導体線材


保有技術
  • 凝縮系物理学理論、バンド計算
  • 超伝導体の解析的理論および数値シミュレーション技術
  • 高圧合成による試料作製技術
  • 帯域溶融法をはじめとする単結晶作製技術
  • 超高圧下輸送現象測定装置
  • 超伝導線材作製技術

主要特許・論文
  • A. Iyo et al.,“Structural phase transitions and superconductivity induced in antiperovskite phosphide CaPd3P”, INORGANIC CHEMISTRY,59,12397(2020)
  • S. Ishida, et al., "Unique defect structure and advantageous vortex pinning properties in superconducting CaKFe4As4", npj Quantum Materials 4, 27 (2019)
  • I. Hase, T. Yanagisawa, Y. Aiura and K. Kawashima; "Possibility of Flat-Band Ferromagnetism in Hole-Doped Pyrochlore Oxides Sn2Nb2O7 and Sn2Ta2O7" Phys. Rev. Lett. 120 (2018) 196401.
  • A. Iyo et al., “New-Structure-Type Fe-Based Superconductors: CaAFe4As4 (A = K, Rb, Cs) and SrAFe4As4 (A = Rb, Cs)“ J. Am. Chem. Soc. 138, 3410 (2016).
  • 特願2018-234823 伊豫彰他「銅酸化物系化合物およびその製造方法」
  • 特願2018-104071 伊豫彰他「化合物及びその製造方法」
  • 特願2017-173543 伊豫彰他「鉄系化合物、超伝導線材、及び鉄系化合物の製造方法」
  • 特願2016-08139 石田茂之他「超伝導線材、液体水素用液面センサ素子、及び液体水素用液面計」