計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

基準器検査

計量標準総合センター(NMIJ)では、質量基準器、温度基準器、圧力基準器、振動基準器、体積基準器をはじめ、以下に示す基準器検査をつくばにおいて実施しています。
実施項目は以下に示すとおりです。
なお、基準器検査を受けられる対象者は、計量法上の届出製造事業者、届出修理事業者及び適正計量管理事業所の計量士等に限定されています。


 申請書等に係る押印・署名について(2021年1月25日)
 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(2021年1月7日発出)を受けた受託出張を伴う基準器検査の対応について(2021年1月8日)
   
基準器検査一覧:つくばセンター
 ◇長さ基準器
   ○基準巻尺 (地方自治体のみ申請可)

 ◇質量基準器
   ○基準はかり
    ・基準手動天びん
    ・基準台手動はかり
    ・基準直示天びん
   ○基準分銅
    ・特級基準分銅

 ◇温度基準器
   ○基準ガラス製温度計

 ◇体積基準器
   ○基準フラスコ
   ○基準ビュレット
   ○基準積算体積計
    ・基準ガスメーター
    ・基準水道メーター
    ・基準燃料油メーター
   ○基準タンク
    ・液体メーター用基準タンク
    ・液体タンク用基準タンク
   ○基準体積管
    ・ガスメーター用基準体積管
    ・液体メーター用基準体積管

 ◇密度基準器
   ○基準密度浮ひょう
   ○液化石油ガス用基準浮ひょう型密度計

 ◇圧力基準器
   ○基準液柱型圧力計
   ○基準重錘型圧力計
   ○血圧計用基準圧力計

 ◇騒音基準器
   ○基準静電型マイクロホン

 ◇振動基準器
   ○基準サーボ式ピックアップ

 ◇濃度基準器
   ○基準酒精度浮ひょう

 ◇比重基準器
   ○基準比重浮ひょう
   ○基準重ボーメ度浮ひょう


検査の実施場所が、当研究所以外の場所(以下、出張検査)で行う場合には、申請から検査までにある程度の日数を要します。
出張検査の日程については、出来るだけ希望時期に沿えるよう日程調整を行い、検査に必要な人数・日数を折り返し連絡致しますが、希望に添えないことがありますのでご承知おき下さい。
なお、手続き上、検査完了後に基準器検査成績書がお手元に届くまで若干時間を要します。
また、持ち込み検査の場合、基準器の発送と基準器検査成績書の発送とは別便となります。
基準器検査成績書の発送に関するお問い合わせについては、下記の「問い合わせ及び申請先」の窓口にご連絡下さい。


■ 提出していただく書類は以下のとおりです。

  ・基準器検査申請書 (MS-Word) 1部  【申請書記入例】 〔2020年12月28日改正に対応〕
   (基準器検査を受ける計量器の種類が異なる場合は個々に申請書を作成して下さい。) 
  ・委任状 (MS-Word) 1部         【委任状記入例】 〔2020年12月28日改正に対応〕
   (代理申請の場合のみ基準器検査申請書とともに必要となります。
    また、基準器検査規則第2条に定める者が種類の異なる基準器検査を同時に申請する際の委任状は1部で結構です。)
  ・基準器検査規則第2条に定める者を確認するための添付書類
  ・JCSS校正証明書
   (計量法関係手数料規則第5条のただし書きにおける減額を受けるための添付書類)

■ 問い合わせ及び申請先  こちら

 手数料  基準器検査手数料一覧 (PDF 82 KB)〔平成31年2月1日改訂〕

  基準器検査手数料のお支払い等に関するお願い (pdf)

  ※器物の送付、搬入を伴う検査を依頼される場合には、
    受入に関してのスケジュールを現場担当部署へ事前にご確認下さい。


 個別機種について注意事項
  ・基準ガラス製温度計(基準ガラス製温度計の基準器検査に関するお願い)