本文へ

部門紹介

 機能化学研究部門は、先端的な材料化技術、バイオものづくり、インフォマティクス技術等をベースに、高効率かつ低環境負荷で、各種の機能性化学品を創製するための基盤技術に取り組んでいます。同時に、化学材料(特に、樹脂・ゴム・バイオ系材料など)を適材適所で使いこなすため、精密構造解析・特性評価・標準化等に関わる材料診断技術の開発も進めています。
当部門では、第5期中期計画が筆頭に掲げる「循環型社会の実現による社会課題の解決」を念頭に、化学・バイオ・材料系分野の研究者の集団力をベースとして、以下の3つの部門重点課題を推進します。

  • 「材料創製」に関する研究開発
  • 「ナノセルロース材料」に関する研究開発
  • 「材料診断」に関する研究開発
  •  ※上記課題毎の「研究活動の動画紹介」はここからご覧いただけます。

 環境と経済の両立を指向する「グリーン・サステイナブルケミストリー」の理念のもと、所内外の関係機関と連携を図りながら、これらの技術開発を一体的に押し進め、化学材料の信頼性向上や多様な産業分野への展開を通して、化学産業の国際競争力強化に貢献します。


部門長あいさつ

機能化学研究部門長の写真

研究部門長 新納 弘之

 私ども機能化学研究部門は、循環型社会の構築を「化学」の側面から支援するため、環境と経済の両立を志向する「グリーン・サステイナブルケミストリー」の推進をミッションに設定しております。

 近年、資源循環や温暖化防止の視点から、化石資源から再生可能資源等への原材料転換が世界各国で進んでいます。これに伴い、再生可能資源からのエネルギー生産技術に加えて、各種化学品の製造技術の確立が急務の課題となっています。

 当部門では、これらの社会課題を受け、先端的な有機合成・バイオ・材料化技術等を基軸に、高効率かつ低環境負荷で各種化学品を生み出すための「創製技術」の開発を目指します。同時に、樹脂・ゴム・バイオ系材料などを適材適所で使いこなすため、トップサイエンスをベースに、精密構造解析・特性評価・標準化等に関わる「診断技術」の開発に取り組みます。「製造」と「利用」に関わる両面からのアプローチをもとに、化学材料の機能性・信頼性の向上や、サプライチェーンの最適化、多様な産業分野への展開を支援し、化学産業の国際競争力強化に貢献します。。

 課題解決に向けては、「材料診断プラットフォーム(PDF:3.29MB)」(つくば&中国センター)や「なのセルロース工房(PDF:6.55MB)」(中国センター)等を産学官連携の結節点として最大限に活用しながら、令和2年度から始まった第5期においても技術開発の加速的な推進、および成果の的確な社会還元に努めます。このような心構えをもって、職員一同、全力を挙げて取り組んでいく所存ですので、皆様のご指導・ご協力をお願い申し上げます。

令和3年4月 

 機能化学研究部門  新納 弘之 


組織と構成メンバー

2021年10月1日更新

部門スタッフ

研究部門長 新納 弘之
副研究部門長 佐藤 浩昭
副研究部門長 増田 光俊
部門付 国岡 正雄(兼務)
部門付 松澤 洋子(兼務)
部門付 水門 潤治(兼務)
部門付 山本 貴広(兼務)

研究グループ

有機材料診断グループ(中国センター)                                   
研究グループ長 青柳 将 
研究グループ員 長谷 朝博 
藤本 真司 
花岡 寿明 
渡邊 宏臣 
伊藤 祥太郎 
犬束 学 
バイオ変換グループ(中国センター)        
研究グループ長 森田 友岳
研究グループ員 村上 克治
藤井 達也
渡邊 真宏
秋田 紘長
中道 優介
バイオケミカルグループ(つくば中央第5)    
研究グループ長 福岡 徳馬
研究グループ員 佐藤 俊
雜賀 あずさ
牛丸 和乗
和田 圭介
セルロース材料グループ(中国センター)  
研究グループ長 榊原 圭太
研究グループ員 遠藤 貴士
井上 誠一
熊谷 明夫
齋藤 靖子
中山 超
高分子化学グループ(つくば中央第5)  
研究グループ長 萩原 英昭
研究グループ員 大石 晃広
武仲 能子
渡邉 亮太
金山 直樹
都甲 梓
化学材料評価グループ(つくば中央第5)  
研究グループ長 新澤 英之
研究グループ員 陳 亮
滝澤 賢二
山根 祥吾
古賀 舞都

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 材料・化学領域 機能化学研究部門

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話:029-862-6792(つくばセンター)、082-420-8230(中国センター)
FAX:029-861-4457(つくばセンター)、082-423-7820(中国センター)
Eメール:isc-web-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)


▲ ページトップへ