お知らせInformation Archive

2018年 5月 15日 Sustainable Remediationに関するワークショップ
       〜各国の持続可能な土壌汚染対策への取り組みと知見の共有〜

 近年、土壌汚染対策においても、持続可能性を考慮した意思決定を推進する動きが世界各国で進んでいます。世界各国にSuRF(Sustainable Remediation Forum)が設立され、昨年度はISO TC190(Soil quolity)において、ISO18504(Sustainable Remediation)が成立するなど規格化も進んでいます。日本でも、2016年に産総研コンソーシアムであるSustainable Remediationコンソーシアムが母体となり、SuRF-JAPANを設立致しました。
 このような背景を受け、今後の持続可能な土壌汚染対策への取り組みについて、欧州・アジア・日本の現状、知見、さらには課題を共有し、新たな協働の可能性を検討することを目的として、Sustainable Remediationに関するワークショップを開催致します。

■概要
日時:5月15日(火) 13:00 ~ 18:00 (懇談会 18:00〜19:30)
場所:日本科学未来館 7階 未来館ホール (東京都江東区青海2-3-6)
主催:Sustainable Remediationコンソーシアム
共催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター 地圏資源環境研究部門
後援:一般社団法人 土壌環境センター

詳細はこちらをご覧下さい。
産業技術総合研究所 地質調査総合センター 地圏資源環境研究部門
所在地
〒305-8569 茨城県つくば市東1-1-1中央第7