本文へ

バイオ適応材料グループ

グループの研究内容

生体機能を制御するハイブリッド材料を開発し、安心安全や生活環境改善に資する機能性部材を提案します。無機・有機材料と生体分子の組み合わせを最適化し、DDS素材としての応用を目指したバイオコアシェルナノ粒子や、生体分子に対する選択的吸着特性をもつナノ多孔質粒子の開発などを行っています。 ヘルスケア部材としての応用や環境に優しい素材への展開が期待されます。

バイオコアシェル粒子の開発
無機シェル-有機コアから構成される新規ナノ粒子の開発。
カプセル粒子やDDS部材としての応用を展開
選択的吸着分離剤の開発
様々な粒径や孔サイズを持つ多孔性無機物の合成と
その吸着分離剤としての応用を展開

グループの構成メンバー

     
所属・役職 氏名
研究グループ長
永田 夫久江 (NAGATA Fukue)
グループ付(兼務)
加藤 且也 (KATO Katsuya)
主任研究員
大橋 優喜 (OHASHI Masayoshi)
主任研究員
稲垣 雅彦 (INAGAKI Masahiko)
主任研究員
李 誠鎬 (LEE Sungho)


▲ ページトップへ