What's New

2021年

Web掲載日
内容
9月16日
HARCに関係する連携大学院の情報をまとめたページを作りました。
連携大学院(日本語)
Cooperative Graduate School(English)
9月14日
イベント
ヤッチャレ2021 第2回 目標の立て方ワークショップ
日時: 2021年9月20日(月・祝) 13:00-14:30
場所: オンライン開催
9月7日
  • 9月3日
    関山守さんが、IEC1906賞(電気・電子技術の標準化及びその関連活動への多大な貢献 業績を称える賞)を受賞されました。
9月3日
イベント
市民アドバイザーデザインスクール : 第2回 他者への共感のための「傾聴と問いかけ」
日時:2021年9月21日(火)18:00-19:30
場所:オンライン開催
9月3日
イベント
市民アドバイザーテックスクール : 第1回 人の存在を拡張する「アバターロボット」
日時:2021年8月23日(月)18:00-19:30
場所:オンライン開催
9月3日
イベント
ヤッチャレ2021 第1回 目標の立て方ワークショップ
日時: 2021年8月21日(土) 13:00-14:00
場所: オンライン開催
9月3日
イベント
市民アドバイザーデザインスクール: 第1回 コラボレーションのための「チームでの対話」
日時:2021年7月19日(月)18:00-19:30
場所:産業技術総合研究所 柏センター 1F
7月9日
6月8日
6月3日
4月16日
  • 4月14日
    日本国際賞平成記念研究助成:
    渡辺 健太郎, 小早川 真衣子, Ho Quang Bach, 大槻 麻衣, 木下 裕介:
    "拡張テレワークを活用したポストコロナの働き方ビジョンの創出"
  • 贈呈状
4月16日
  • 4月7日
    インパクトポスター賞:
    泉小波:
    "蓄エネルギー構造を有する新規水分センサの創成 ~ 人に寄り添うウェアデバイス実現のためのセンサ作製と実装 ~",
    実装フェスタ関西2020, エレクトロニクス実装学会 関西支部
  • 記念品の置時計
4月16日
  • 3月18日
    情報処理学会 山下記念研究賞:
    大槻麻衣,大隈隆史:
    "飲食サービス業におけるVR業務訓練システムの開発",
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション,2020-HCI-187(13), pp. 2188-8760, 2020
  • 賞状とメダル
4月16日
3月12日
2月8日
2月8日

更新履歴

センター長挨拶
人間拡張とは、人に寄り添い人の能力を高めるシステムのことです。英語の「Human Augmentation」の日本語訳に相当します。「Augmentation」とは増強、増大させることで、音楽では半音上げるという意味で使われています。Augmented Realityを、日本語で拡張現実感と訳した流れから、「Human Augmentation」は人間拡張と訳されています。
広い意味では、顕微鏡や望遠鏡も人間拡張ですが、人間拡張研究センターでは、情報技術やロボット技術を活用したウェアラブル(装着できる)あるいはインビジブル(見えずにそばにある)なシステムを研究対象とします。これらのシステムの装着・利用によって、人間単独の時よりも能力を拡張することはもとより、その継続使用によって人間自身の能力も維持・増進できるようにします。そして、それらが社会で継続的に使用され、新しい産業基盤になるような状況を目指します。

すなわち、人間拡張研究センターは、人間拡張という新しい技術によって、人間が本来持つ能力の維持・向上(体力、共感力、伝達力など)、生活の質の向上(満足度、意欲などの向上)、社会コストの低減(医療費、エネルギー、未使用製品などの低減)、産業の拡大(製造業のサービス化の推進、IoTを用いて生活データを蓄積し、AIで価値ある知識とする知識集約型産業の創出)を目指す研究センターです。このために、人間拡張研究センターには、人に寄り添えるセンサ・アクチュエータデバイスの研究者、ロボット技術の研究者から、人の身体力学や感覚・認知科学の研究者、産業化に必要なサービス工学や統合デザインの研究者が集まります。

人間拡張研究センターは、あらたに設置された産総研・柏センター(東京大学・柏IIキャンパス内)にあります。東京大学や隣接する千葉大学、あるいは、国立がん研究センターとの連携を活かして研究を進めています。また、この柏の葉地区は、大型のショッピングモールや住宅地が密集する新興地区です。この地の利を活かし、開発に関わった不動産業者をはじめ、地域住民の皆さんの協力を得て、人間拡張技術を中核とした新しいサービスビジネスの社会実装研究を進めて参ります。

持丸正明の画像

人間拡張研究センター
研究センター長
持丸正明
▲Top