English

HOME │ 研究テーマ紹介

研究テーマ紹介

1. 食薬資源中に含まれる希少成分が発現する機能を解明

筑波大が持つ多様なバイオアッセイシステムを駆使して、各種食薬資源中に含まれる成分が持つ人の健康に役立つ新たな機能を探索し、その活性本体およびそのメカニズムを明らかにします。

【筑波大が保有するアッセイシステム】

多様なバイオアッセイシステム

研究テーマ:食薬資源中に含まれる希少成分が発現する機能を解明

2. 入手容易なバイオマスから有用物質に変換する技術の開発

産総研が培ってきたバイオマスの触媒変換技術をベースとして、農業廃棄物等の安価な生物資源から食薬資源中の生理活性機能を持つ物質およびその誘導体を簡便に製造するプロセスを開発します。

【バイオマス変換反応の例】

研究テーマ:入手容易なバイオマスから有用物質に変換する技術の開発

3. 医学医療系・体育系との連携による臨床研究

有望な食薬資源由来成分については、医学医療系・体育系との連携による臨床試験を実施し、実用化を目指します。

↑ to TOP