ANCF

 

 

tia-nano logotia-nano logo

tia-nano logo

ご利用の方法

公開機器の利用形態

    ■公開機器の利用形態は表1に掲げる5種類です。

    利用形態

    支援内容

    @技術相談

     利用者からの相談に専門家として応える計測技術コンサルタントとしての支援

    A技術補助

     技術支援者が補助し、操作方法を指導しながら、利用者が装置を操作する技術支援

    B技術代行

     技術支援者が利用者に代行して設備を操作する技術支援

    C機器利用

     利用者自らが機器を操作する技術支援 

    D共同研究

     共同研究契約に基づき公開機器を用いて利用者と技術支援者が共同で実施

                     

                      表1. 公開機器の利用形態

     

    ■利用結果の公開と非公開

    「利用結果公開」が可能な場合はナノテクノロジープラットフォーム事業として、「利用結果非公開」の場合は産総研の自主運用として支援いたします。

    イノベーション推進の観点などから、できるだけ「利用結果公開」での利用をお願いしています。

    なお、「利用結果非公開」での支援は、原則、産総研との共同研究、委託研究への移行が見込まれるなどの場合に限定させていただいています。

利用方法の説明

 

    (1)共用研究開発施設への登録と事前相談

     

    ANCF公開機器のご利用を検討されている方は、

    共用研究開発施設のホームページ (「ご利用の申込み」ページにリンクがあります)

    にアクセスいただき、以下の手順で会員登録とユーザー登録の後、事前相談申請をお願い致します。


相談の結果支援可能と判断されましたら、PDF図に示すようにそれぞれ該当する制度により手続きをお願い致します。

   利用結果公開の場合     : ナノテクノロジープラットフォーム事業

   利用結果非公開型の場合 : 産総研自主運用

 


国立研究開発法人産業技術総合研究所共用施設等利用約款 OpenFacilityAgreement
(令和3年4月1日改正


(以下 「約款」 という) に基づく契約により支援させていただきます。

装置担当者とのご相談後にお送りする内諾内容通知書の内容に従って共用施設等利用申込書を提出いただき、それに対する回答書の送付により契約が成立します。

共同研究の場合は、 上記の約款契約ではなく共同研究契約を締結していただきます。

また、利用成果については公開と非公開のいずれも可能です。

■ 2021年4月1日 約款が改正されました。

約款改正のポイント

 

 

ページの先頭へ