本文へ

研究班紹介

細胞微細操作計測班

班長 井上 康志 教授(大阪大学)

革新的な細胞操作・イメージング技術の開発
・細胞を「生きた状態」で解析し、応用する技術開発
・遺伝子機能の解明/薬効・毒性の高精度評価
・新型医薬品/医薬品開発効率化/新規計測機器


フォトニクスバイオセンサー班

班長 民谷 栄一 教授(大阪大学)

次世代フォトニクスバイオセンサーの開発
・小型医療診断検査装置、微量高感度バイオセンサー開発
・迅速検査に最適なバイオセンシング機器
・緊急医療・小型体外診断/健康機器開発


ワイヤレスバイオセンシング班

班長 脇田 慎一 副ラボ長(産業技術総合研究所)

バイオセンシングの超高感度IoTプラットフォームの構築
・日常生活の場でのバイオセンシングを可能とする技術開発
・高感度、リアルタイムIoTバイオセンシング
・家電・衛生・食品の高付加価値化

▲ ページトップへ