ここにheader.htmlが読み込まれる

HARC Tech Mini Schoolとは?

産業技術総合研究所 人間拡張研究センター(産総研HARC)で取り組んでいる「人間拡張研究」を、地域住民のみなさまに知っていただくとともに、より豊かな生活づくり・地域づくりにどのように活用できるかを、研究者と一緒に考えてみる場です。

「人間拡張技術」は、ロボットやVR(バーチャルリアリティ)などを使って人の能力を拡張する技術のことです。今、ひそかに注目を集めている新たな研究分野です。

技術に興味がある方、産総研に興味がある方、地域づくりや課題解決に興味がある方、ぜひお気軽にご参加ください!

第3回:「五感を拡張する感覚拡張技術」

今回の第3回HARC Tech Mini Schoolのテーマは「感覚拡張」です。感覚拡張とは、視覚や聴覚等の人の感覚を拡張したり、支援したりする技術のことです。近年では、視覚や聴覚に障がいのある方を支援するための技術として、応用されることもあります。
今回のスクールは今年度最後の開催になります。今回は、産総研で開発している障がい者支援に関する先端技術や、すでに製品化されている感覚変換デバイスを、遠隔(オンライン)で紹介します。そして、感覚拡張技術がより広く使われる未来について、HARCの研究者と一緒に対話をし、学びを深めていきます。

日時・場所・参加方法等

主催
産業技術総合研究所 人間拡張研究センター
日時
2021年12月20日(月)18:00-19:30
場所 
オンライン (zoomを予定しています ※1)
対象者
柏の葉及びその近隣地域(柏市、我孫子市、印西市、取手市、守谷市、鎌ヶ谷市、白井市、松戸市、流山市、野田市)に居住する方、もしくは、柏の葉で勤務している20歳以上の方
参加費
無料
参加者
10名まで(定員に達し次第、締め切ります)
申込方法
こちらからご登録をお願いします。
問い合わせ先
kashiwanoha-advisor-sec-ml [at] aist.go.jp([at]をアットマークに変えてください)

※1…URLはお申込みいただいた方にメールで送付します。

過去に実施したイベント

第1回 HARC Tech Mini School:人の存在を拡張する「アバターロボット」 

当日は、オンライン開催でしたが、実際に動いているアバターロボットを様々な視点から見ていただきました。そして、アバターロボットがある未来はどんな社会かをみんなで考えていきました。研究者だけではでてこないような様々なテーマを議論することができ、とても楽しかったです!

第2回 HARC Tech Mini School:人の体験を拡張する「バーチャルリアリティ」 

第2回のTech Mini Schoolでは、産総研・人間拡張研究センターで開発しているレストランサービスの従業員トレーニング用VR技術などをご紹介しました。その後、VR技術がどのような活用できるかを、市民のみなさまと共に、まちや建築物の設計・デザインなどの観点から議論しました。

▲Top