北海道釧路海岸の春採太郎(砕屑性岩脈)在来型燃料資源
北海道千鳥が淵の川端層タービダイト砂岩泥岩互層 在来型燃料資源+地球環境
秋田八橋油田の石油ポンプ(多分国際石油開発帝石)在来型燃料資源
男鹿半島鵜ノ崎の女川層石油根源岩(珪質頁岩) 在来型燃料資源
燃料資源地質RG石炭採取 釧路浦幌の浦幌層群雄別層の炭層 非在来型+在来型燃料資源+地球環境
Fuel Resource Geology Research Group

石油、天然ガス、ガスハイドレート、石炭等の燃料資源鉱床に関する探査手法、
資源評価技術の高精度化をめざし、その基礎となる鉱床成因モデルの構築、資源探査法の改良、
資源ポテンシャル評価技術について研究しています。

燃料資源地質研究グループの紹介

在来型の石油、天然ガスおよび石炭資源ならびに、メタンハイドレードやコールベッドメタン(CBM)、シェールガス・オイル等の非在来型燃料資源に関する探査手法・資源評価技術の高精度化を目指し、 その基礎となる鉱床成因モデルの構築、資源探査法の改良、資源ポテンシャル評価技術の研究開発を行っています。
民間企業のニーズに応え、技術的なコンサルタントとして頼られる存在であり続けることが、私たちの最も重要なミッションです。

研究プロジェクト

非在来型燃料資源

在来型燃料資源

地球環境に関する
基礎的調査研究

当研究グループからのお知らせ

  • 2018年10月

    中嶋 健 グループ長の論文が地質学雑誌に掲載されました。

  • 2018年9月

    髙橋幸士 研究員が日本地質学会第125年学術大会で発表しました。

  • 2018年8月

    朝比奈健太 研究員が第36回有機地球化学シンポジウムで発表しました。

  • 2018年8月

    朝比奈健太 研究員がGoldschmidt2018で発表しました。

  • 2018年7月

    朝比奈健太 研究員の論文が Organic Geochemistry誌に掲載されました。

  • 2018年6月

    中嶋 健 研究グループ長が石油技術協会賞 (論説賞)を受賞しました。

  • 2018年6月

    ホームページをリニューアルしました。