トップページ

メンバー

リンク

お問い合わせ

〒305-8567
茨城県つくば市東1-1-1
つくば中央第7事業所
産業技術総合研究所
地圏資源環境研究部門
燃料資源地質研究グループ

 



      【平成29年4月採用 新規研究員 募集】

 Basin Analysis をテーマに、構造地質学・堆積学・地球物理学・地球化学などを専門とする研究者を広く募集します。(締め切り:平成28年5月11日 17時必着)
   募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


研究グループ紹介 ・・・GREEN Report 2015(2015年12月)から

あいさつ ・・・GREEN News No.49(2015年7月)から



●グループの概要

 燃料資源地質研究グループは、石油、天然ガス、ガスハイドレート、石炭等の燃料資源鉱床に関する探査手法・資源評価技術の高精度化をめざし、その基礎となる鉱床成因モデルの構築、資源探査法の改良、資源ポテンシャル評価技術について研究しています。



●研究課題

  • ガスハイドレート資源の鉱床成因、形成機構および資源ポテンシャル評価技術に関する地質学的研究

  • ガスハイドレートを除く非在来型(水溶性天然ガス、コールベッドメタン、シェールガスなど)および石炭起源天然ガスの形成機構と資源ポテンシャル評価技術に関する地質学的研究

  • 在来型燃料資源(石油、石炭、天然ガス)の鉱床成因、形成機構の基礎研究

  • 燃料資源に関するデータベースの整備 



●ニュース

  • 2016年4月、新たに 髙橋幸士 研究員 が研究グループに加わりました。

  • 2017年4月採用の 新規研究員(テニュアトラック型またはパーマネント型)の公募 が始まりました。[募集終了]
     石油・天然ガスおよびガスハイドレート等の燃料資源評価のため、堆積学、構造地質学、地球化学、地球物理学のいずれかを専門とする基本的または高度に専門的な研究者を広く募集します。 [こちら]





最終更新日 2016年6月23日