DC Course研究基礎力育成コース

About

「研究基礎力育成コース」は、大学院生を対象とした半年間(10月~3月)のコースです。
希望する産総研の研究ユニットに技術研修生として所属して頂くことが必要となります。
将来、研究者として自立するための研究スキルを磨くことを目的として、
講義・演習や産総研での最先端研究に取り組んでいただきます。

Lecture/Workshop

Lecture/Workshop

講義・演習

講義・演習では8日間程度のプログラムを実施しています。
イノベーション人材育成コースと同様、「研究力」、「連携力」、「人間力」の3つの力を磨くことを目的としつつ、自立した研究者になるための基盤となる知識を身に着けます。

3つの力を学び育てる
研究基礎力育成コースでの講義
Research

Research

研究

研究基礎力育成コース生は産総研技術研修生として、産総研研究者の指導の下で研究活動に従事します。
具体的な研究課題については、指導する研究者と相談して決めていただきます。応募のために受入責任者を探す場合は産総研内の各研究ユニットのホームページをご利用下さい。
探し方などでお困りの場合は、スクール事務局にご相談ください。

産総研公式HP

message

修了生からのメッセージ

佐藤さん
佐藤さん ショートプログラムでは、学会発表に役立つスキルや、グループでの自主的な研究活動など、大学では学べないことを勉強することができました。 次は企業OJTを経験したいと考え、引き続きポスドクコースに参加することを決めました。その1年間で研究を深めつつ、社会に役立つ人材になることを目指して頑張ります。
Papaweeさん
Papaweeさん タイから千葉大学に留学し、卒業後に半年間イノベーションスクールのショートプログラムを受けました。引き続き1年間のポスドクコースに参加します。 まだ日本語が上手ではありませんが、講義・演習を受けたり皆さんとコミュニケーションをとったりする中で自信がつきました。
佃さん
佃さん イノベーションスクールの魅力は、異分野の研究者が集まるところです。そのため、たとえば外部の方に私たちの取り組みをプレゼンテーションするとき、 さまざまな意見が飛び出しました。貴重な経験や貴重な出会いがたくさんあり、とても感謝しています。
猪原さん
猪原さん 日本中から集まった異分野の学生と出会えたことが一番の収穫です。講義・演習で印象に残っているのは、異分野の人に自分の研究をどう伝えるか。 大学の研究室で普通に使っていた言葉が通じないことに気付かされ、分かりやすく伝える力を養うことができました。
西野さん
西野さん 異分野の皆さんとの間に仲間意識が生まれたのが一番のメリットです。異分野の方に研究内容を分かりやすく伝えるプレゼンテーション技術を磨くことができ、 講義・演習を通じて、自分の立ち位置、長所や課題などを再認識できたことは、とても良かったと思います。イノベーションスクールでの経験を活かし、 広い視野を持つ研究者を目指して頑張ります。

Recruitment

募集

2021年度のスクール生募集期間は2021年7月12日から9月6日です。
なお、研究基礎力育成コースの公募から選考までのおおよその流れは以下のとおりです。

  • STEP.01公募
    7月12日~9月6日
  • STEP.02書類選考
    9月上旬
  • STEP.03採用者決定
    9月中旬
  • STEP.04入校
    10月
ENTRY