産業技術総合研究所新しいウィンドウが開きます>情報・人間工学領域新しいウィンドウが開きます>人間情報インタラクション研究部門新しいウィンドウが開きます

脳を知り、脳を助ける。~神経科学に基づいたリハビリ技術によるQOLの改善に向けて~ニューロサイエンスに基づくリハビリテーションは「ニューロリハビリテーション」と呼ばれ、運動行動や認知・学習能力の変化・改善だけでなく、それをもたらす脳機能の変化を併せて分析することが求められます。
		リハビリテーション効果の神経メカニズムに迫ることで、対象者に、より効果的な手法を開発することが期待されます。

お知らせ

竹村文主任研究員が研究グループ長に就任しました。
肥後範行主任研究員がイノベーション推進本部に異動しました(2023年度末まで)。
伊賀上卓也さん(リサーチアシスタント)がグループに加わりました。
 
 
「産総研ニューロリハシンポジウム2021」開催のお知らせ。  
2022年2月19日(土)13時よりオンラインでシンポジウムを開催いたします。参加費は無料です。
プログラムや参加登録など詳細はこちらをご覧ください。

リハビリや脳科学に関する講演、当グループが参加するプロジェクトのご紹介などがあります。皆様のご参加をお待ちしております。
 
清川宏暁さん(産総研特別研究員)がグループに加わりました。
 
中村大樹さん(産総研特別研究員)がグループに加わりました。
 
研究業績を更新しました。
 
メンバーの異動がありました。
釣木澤主任研究員、笠原研究員が「心身機能・モデル化研究グループ」に異動しました。
九里研究員が「統合神経科学研究グループ」に異動しました。
 
メンバーと研究業績を更新しました。
 
Open PoTATo 3.9.0を公開しました。
ダウンロードページより入手できます。
 
釣木澤朋和 主任研究員がメンバーに加わりました。
組織再編により「人間情報インタラクション研究部門」が設立されました。
松田圭司 主任研究員、竹村文 主任研究員、笠原和美 研究員がメンバーに加わりました。
研究業績を更新しました。
論文が発表されました。
Premotor cortical-cerebellar reorganization in a macaque model of primary motor cortical lesion and recovery Tatsuya Yamamoto, Takuya Hayashi, Yumi Murata, Takayuki Ose and Noriyuki Higo Journal of Neuroscience DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.0077-19.2019
産総研プレス発表「脳損傷後に新たに形成される神経路を発見」
「産総研ニューロリハビリテーションシンポジウム2019」を開催いたしました。
基礎研究から臨床研究まで幅広い分野の研究発表があり、活発な議論が展開されました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
論文が発表されました。
Distinct mechanisms of temporal binding in generalized and cross-modal flash-lag effects Ryusuke Hayashi and Ikuya Murakami Scientific Reports volume 9, Article number: 3829 (2019)
産総研プレス発表「視覚と聴覚で異なる時間判断の仕組みの一端を解明」
ホームページを公開しました。
グループが発足しました。

一覧を見る

Page Top