1. トップ
  2. コンソーシアム紹介

ヘルスケア・サービス効果計測コンソーシアム紹介

設立趣旨

ヘルスケア・サービス事業の有効性と安全性について エビデンスに基づく第三者認証の仕組みの実現をめざします。

課題
ヘルスケア・サービス産業には構造的な課題があります。有効性と安全性についてヘルスケア・サービスに見合った第三者認証の仕組みがないことが市場の信用と拡大の弊害になっています。経済産業省では、サービスの効果の科学的根拠を第三者的に示す体制整備を推進したいとしています(経済産業省・次世代ヘルスケア産業協議会)。
効果計測の技術やプロセスの不在
ヘルスケア・サービスの疾患予防や健康増進効果を科学的に説明するために学術的な証拠に基づく「効果のメカニズム」とフィールド試験における効果の「統計学的有意性」を示す必要があります。しかし、ヘルスケア・サービスの効果計測の技術や検証方法等のプロセスは世界的にも確立されているとはいえません。
コンソーシアムの設置
こうした状況を鑑み、バイオ・IT融合研究拠点として人工知能やサービス工学等の研究を行っている産総研臨海副都心センターは学術研究機関、治験機関、医療機関、第三者認証機関、企業等から個人または法人の会員を募り、ヘルスケア・サービス効果の科学的証拠を得るプロセス、必要な技術等のヘルスケア産業発展の課題を共有し、その解決に組織的に取り組むコンソーシアムを設置することにしました。
第三者認証の仕組みを実現する
コンソーシアムでは、加齢や生活習慣が原因の身体、精神の不調を予防し、健康を増進する民間や自治体サービスの効果の計測法を開発することで第三者認証の仕組みの実現をめざします。講演会、研究会、現場見学等の活動を通して、会員同士の情報交換を促進しながら、社会実装を前提とした第三者認証の方法を確立するためのプロジェクトを提案していきます。活動内容はHP等を通して積極的に広報し、ヘルスケア産業発展のために貢献することを目指します。

設立趣旨(PDFダウンロード)

活動内容

講演会活動
会員の関心が高いテーマについて講演会を企画します。
講演会は誰でも自由に参加できます。
研究会活動
[1]会員は研究会のメンバーとして活動できます。(複数参加可)
平成28年3月現在活動中の研究会
・スマートヘルシーコミュニティ実現研究会
・健康サポート研究会
・住空間健康影響計測研究会【温度】【光】
・感性デザイン研究会
・EBN研究会
[2]会員の関心が高いテーマの研究会を会員と一緒に企画・設置します。
(例)
○リハビリの効果計測 ○口腔ケア ○睡眠と脳機能 ○「食」習慣の効果計測
○人とロボットの共存効果計測 ○労働の健康増進効果計測に必要なKPI
○健康増進効果が期待できる住宅及び構造のKPI ○アクティブレジャーのKPI
など
現場見学会
ヘルスケア・サービスの現場並びにヒト介入試験・研究等の現場見学会に参加できます。
調査
会員の関心が高いテーマについて調査を行います。調査結果は会員専用ページで閲覧できます。
会報、その他
講演会、研究会、現場見学会等のイベントの開催案内、講演会の報告・資料等を会員専用ページから閲覧できます。

運営会則

運営会則 2015年11月1日制定

運営会則(PDFダウンロード)