本文へスキップ

セルロース材料グループでは、「作る」「知る」「使う」のサイクルで研究開発を進めています。


〒739−0046 広島県東広島市鏡山3-11-32
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
中国センター 機能化学研究部門

セルロース材料グループ

研究紹介PRIVACY POLICY

当研究グループで得られた知見や開発した技術の例をご紹介します。

完全にナノ化しないナノセルロースの効果(ゴム補強)

内容
 ナノセルロース(セルロースナノファイバー/CNF)により、ゴムは効果的に補強することができます。本研究では、どのようなナノセルロースがゴムを最も効果的に補強できるのかを明らかにするため、パルプを原料として、解繊処理方法を変えることで、様々なサイズ(主に幅)のナノセルロースやセルロースナノファイバーを調製しました。これらを用いてゴム補強効果を調べた結果、完全にナノ化(幅約20nm)したナノセルロースではなく、部分的にナノ化したセルロースファイバー(サブミクロンファイバー)が最も効果的に補強できることを明らかにしました。特に、低伸張領域での、物性向上が顕著です。剛直な主ファイバーの表面に、ナノのフィブリルが存在することで、ゴムマトリックスとアンカー効果により複合化し、剛直ファイバーにより弾性率も大きく向上すると考えています。
 部分的にナノ化したセルロースファイバー(部分ナノ化セルロースファイバー/サブミクロンファイバー)で補強効果が最も良いと言うことは、補強用ナノセルロース(部分ナノ化セルロースファイバー)の製造コストは劇的に低減できると考えています。

参考:「研究紹介」−「ナノセルロースによる天然ゴム補強技術」
参考文献等
Akio Kumagai, Naoko Tajima, Shinichiro Iwamoto, Takahiro Morimoto,Asahiro Nagatani,Toshiya Okazaki, Takashi Endo, International Journal of Biological Macromolecules, 121, 989-995 (2019), "Properties of natural rubber reinforced with cellulose nanofibers based on fiber diameter distribution as estimated by differential centrifugal sedimentation"
説明図
部分ナノ化セルロースファイバーによるゴム補強

追記事項

セルロース材料グループ


バナースペース

所在地

〒739−0046
広島県東広島市鏡山3-11-32
国立研究開発法人
産業技術総合研究所
中国センター
機能化学研究部門
セルロース材料グループ

Tel&Fax: 082-420-8278
  アクセス 産総研中国センター セルロース材料グループ