本文へスキップ

セルロース材料グループでは、「作る」「知る」「使う」のサイクルで研究開発を進めています。


〒739−0046 広島県東広島市鏡山3-11-32
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
中国センター 機能化学研究部門

セルロース材料グループ

研究紹介PRIVACY POLICY

当研究グループが開発した技術や知見をご紹介します。

固相せん断法によるナノセルロースの樹脂複合化技術

内容
高含水状態のナノセルロース(セルロースナノファイバー/CNF)を疎水性のポリプロピレンと複合化させる技術として、ナノセルロースの凝集抑制、水の除去および樹脂分散・複合化を実現できる固相せん断法(粉末状樹脂を用い固体状態で複合化)を開発しました。
参考文献等
ShinichiroIwamoto, Shigehiro Yamamoto, Seung-Hwan Lee, Takashi Endo,Cellulose,2(3),1573-1580 (2014), "Solid-state shear pulverization as effective treatment fordispersing lignocellulose nanofibers in polypropylene composites"
説明図
固相せん断法の特徴

追記事項

セルロース材料グループ


バナースペース

所在地

〒739−0046
広島県東広島市鏡山3-11-32
国立研究開発法人
産業技術総合研究所
中国センター
機能化学研究部門
セルロース材料グループ

Tel&Fax: 082-420-8278
  アクセス 産総研中国センター セルロース材料グループ