『機能性バイオ材料の製造および利用技術の開発』

当グループでは、バイオマス等の再生可能資源を原料とした機能性バイオベース化学品の製造と利用技術の開発を行っています。これまでに開発してきた「新しい微生物を探索する技術」「遺伝子組換えによる育種・改良」「発酵プロセスの改良による量産化」などの基盤技術を活用して、実用的なバイオベース化学品製造技術の開発を目指しています。また「構造・機能相関の解析」「物性評価と機能付与」による材料開発、さらに「素材・材料の分析技術」もフォローすることで、総合的なバイオベース材料開発を推進しています。

● 微生物の探索と育種・改良などによる製造技術の開発
● 構造・物性解析と機能付与による材料開発および材料分析 
● 開発ターゲット = 機能性バイオ素材・材料

【企業連携】
これまで機能性バイオ素材・材料の開発を中心に多くの企業の皆様と共同研究を実施し、「自社の原料資源を高付加価値なバイオ素材に変換して有効利用したい」「ターゲット物質が決まっていて微生物やプロセス開発で事業化を目指したい」「環境問題への取り組みとしてバイオ素材・材料開発に挑戦したいがどうすればいい?」など様々なご要望にお応えしてきました。

当グループで開発したバイオ素材・材料を起点とした共同研究も実施していますが、企業の皆様の声を聴きながら、これまでの実績を基に具体的な研究提案・計画から知財戦略まで、共同研究のベストな形を提供することが重要であると考えています。当グループの技術だけでは不十分な場合も、産総研の幅広いリソースの中から最適なパートナーを提案させて頂くことが可能です。また、共同研究契約以外にも、試料提供契約、コンサルタント契約等、企業の皆様のご要望にお応えできる制度が充実しています。

本HPで紹介している研究内容に限らず、バイオベース素材・材料に関して研究開発を検討されている企業の皆様のお役に立てれば幸いです。
当グループとの連携をご希望の方は、是非、ご連絡下さい。

研究内容

1.バイオと化学技術による機能性バイオベース化学品の製造技術の開発

バイオ原料や微生物の特性を最大限に活かしたバイオベース化学品の製造および利用技術を開発するため、微生物の探索・改良、生産物の構造・物性・機能解析を進めています。これまで実績を積んできたバイオ界面活性剤(BS)に加え、新たな機能性バイオベース化学品の開発に取り組んでいます。

 

2.機能性バイオベース化学品の用途開拓

物性・機能の評価や高機能化によってバイオベース化学品のポテンシャルを引き出し、特性を生かした材料開発を目指しています。バイオ界面活性剤やバイオプラスチック等の多彩な機能を、美容、ヘルスケア、スポーツ、食品、アグリ、バイオなど幅広い産業分野へと展開するための技術開発に取り組んでいます。