グループ員


層序学・堆積学・構造地質学・火山学・古生物学などを専門とする研究者集団です

(グループ長)
原 英俊
HARA Hidetoshi


専門は付加体地質学です。主に秩父帯や四万十帯において、堆積岩の後背地・弱変成作用の解析を元に、付加体の成長・構造発達史を研究しています。また東南アジアの地質やその形成史について,各国の関連機関と共同研究を進めています。

中江 訓
NAKAE Satoshi

専門分野は、付加体地質学と微化石層序学です。陸上に露出する付加体やこれに関連する地質体を対象に、島弧地殻の形成・成長過程を読み解くことを目的としています。最近の調査地域は、北上山地、紀伊半島、沖縄など、多地域にわたっています。

辻野 匠
TUZINO Taqumi

新生界、特に第三系の層序を研究しています。層序の構築とともに地史や海底谷の発達過程を明らかにしてきました。地層形成プロセスや層序を規制する要因は多様なものがあり、総合的理解をめざしています。また、細粒堆積物や火山性堆積物にも興味をもっています。比較的理解しているフィールドは北海道と東北日本弧の新生代堆積盆です。

工藤 崇
KUDO Takashi

専門は火山地質学・層序学です。主に東北日本弧の新第三紀~第四紀の火山岩・堆積岩を対象として、野外地質調査をベースとした手法により地域地質層序を確立し、長期的な火山活動の消長や時空間変遷を解明する研究を行なっています。現在、主に青森県八甲田-十和田周辺地域及び岩手県一戸地域の調査を行なっています。

(出向中)
宇都宮 正志
UTSUNOMIYA Masayuki

専門は新生代の堆積岩の層序学です。特に石灰質ナノ化石層序を中心とした年代層序に基づき、新第三紀~第四紀における堆積盆の形成史を理解することを目的としています。主なフィールドは三浦半島、房総半島など南関東地域です。陸域地質図プロジェクトでは房総半島東部の地質図幅を担当しています。

伊藤 剛
ITO Tsuyoshi

放散虫化石層序に基づく、ペルム紀およびジュラ紀付加体の付加過程ならびにジュラ紀付加体の陸化・削剥過程を検討しています。また、日本と中国のフィールド調査によるペルム紀放散虫の古生物学および同時代の古海洋学的研究も行っています。陸域地質図プロジェクトでは、関東北部足尾山地周辺の地質図幅を担当しています

武藤 俊
MUTO Shun

専門はコノドント化石を用いたジュラ紀付加体の層序復元です。特に、遠洋域深海堆積岩の層序と、それに記録された古環境の情報に注目してきました。現在まで、主に岩手県、栃木県、京都府、大分県で調査を行ってきました。地質調査総合センターでは,北上山地北部の地質図幅作成を担当します。最近は、ニュージーランドの三畳紀付加体の調査も行っています。