本文へ

省エネルギー研究部門紹介

部門の概要

省エネルギー研究部門は、限りある地球のエネルギー資源の持続的有効利用と温室効果ガス排出量削減を目標に、省エネルギー技術、高効率エネルギー変換技術等の研究開発を通して持続発展可能な社会の実現、産業競争力の強化に資するグリーンイノベーションの実現を目指し、平成27年4月1日に発足しました。

「乾いた雑巾」に例えられるくらい日本の省エネは進み、省エネ大国とも言われていますが、新規の材料、装置、システム等を組み合わせることで、まだまだ省エネは可能です。特に民生部門や運輸部門でのエネルギー消費の伸びが著しいため、省エネ導入に大きな期待が寄せられています。燃料や熱の効率的な利用を中心に、熱エネルギー・電気エネルギー・化学エネルギーの省エネのための研究開発を目的基礎研究から橋渡し前期・後期まで、幅広く実施していきます。

具体的には、未利用熱を有効活用する熱電変換等による排熱利用技術および革新的な熱マネージメント技術の研究開発、クリーンディーゼル車向け高効率エンジン燃焼のための基盤技術の研究開発、新たなブレークスルーをもたらす革新的・萌芽的省エネルギー技術の研究開発、等を、9研究グループ・2研究ラボの体制で、大学や民間企業との共同研究も進めながら行っています。


部門紹介パンフレット [ PDF: 3.5MB ]

最終更新日:2020. 10.22

▲ ページトップへ

page top