本文へ

研究チーム

オートメーション | つながる工場 | ミニマル試作 | フィールドロボティクス
ソフトウェアプラットフォーム | ディペンダブルシステム


オートメーション研究チーム

研究拠点: 臨海副都心センター  |  メンバー  
研究目標: 機械(ロボット)によるオートメーションの効率性と、機械と人との親和性を高めるため、機械が器用に作業をするための基盤技術と、機械が人と環境を共有するための基盤技術を研究開発し、工場や店舗の模擬環境での実証を行う。   
HP: -  


ロボットによる物品操作技術
  • 教示なしで、ロボットが未知の部品をピッキング(取り出し)
  • 絡み合うような複雑な部品を、AI・シミュレータでピッキング可能に
  • 工場での部品供給や店舗の陳列作業の自動化に応用可能

人の作業の認識技術
  • 人がどんな物体を持ち、どう操作しているかを、画像やセンサグローブから判定
  • 熟練者の作業分析や、ロボットの行動計画に応用可能
     
  工場部品供給を想定した未知部品のピッキング   人の作業認識・ロボットへの転写
 



つながる工場研究チーム

研究拠点: 臨海副都心センター  |  メンバー  
研究目標: 製造業の現場を中心とする設計・生産システムを対象に、人の作業と知的活動および加工等物理現象のセンシング技術を高度化し、ネットワークを介した多様なデータ分析・可視化技術を開発することで、人を支援するCPSの実現を目指す。  
HP: -  


「つながる工場」の研究開発
  • 製造業の現場を中心とする設計・生産システムを対象に、ネットワークを介した多様なデータ分析・可視化技術の研究開発を実施
  • 人の活動と加工等物理現象のセンシング技術を高度化する研究開発を実施し、設計・生産に関する情報(サイバー)と物理(フィジカル)を統合して産業応用につなげる成果を創出

「つながる工場」の実証と人材育成
  • 産総研と公設試等との間で「つながる工場」の実証環境を構築し、地域公設試におけるIoT活用人材育成と地域中小企業でのIoT活用促進を図る
   
  つながる工場の研究開発  


ミニマル試作研究チーム

研究拠点: 臨海副都心センター  |  メンバー  
研究目標: ミニマルファブを対象に、安全性と柔軟性を担保しつつ多品種少量生産システムとしての生産性向上技術を開発し実証する。  
HP: -  


ミニマルファブの試作実証
  • ミニマル共通基盤プロセス技術を利用したデバイス試作
  • 安定性、品質を意識したファクトリー開発
  • 研究開発拠点(つくばセンター)との協力によるデバイスプロセス技術開発、及びミニマル制御・モニタリング技術開発
  • 地域実装モデル拠点(九州センター)との協力によるミニマルパッケージング装置の実稼働とIoTセンサプロセス技術開発、及びミニマル遠隔制御を軸にした、「つながる工場」化
     
  人・モノ・情報の移動による
各ミニマルファブ拠点の一体的な開発体制
  臨海センターCPS棟のミニマルファブ
 
 


フィールドロボティクス研究チーム

研究拠点: つくばセンター 第2事業所  |  メンバー  
研究目標: 老朽化・人手不足が深刻な社会インフラ、産業インフラ等大型施設における作業、センシング、計画・制御などロボットシステムに関する技術開発及び高度化を行う  
HP: https://unit.aist.go.jp/icps/icps-fr/  


社会/産業インフラの維持・管理、災害対応などに向けたフィールドロボティクスに関する研究開発
  • コア技術である陸海空フィールドロボットによるアクセス技術を現場に適合する形で高度化する
  • 作業性・運動性能向上のため、超小型油圧アクチュエータの開発・検証を行う(コア技術の創生)
  • さらに、エッジAI、クラウド・AIの活用によりロボットアプリケーション、サービスの拡大を図る

無人航空機の安全評価基準策定に向けた研究開発
  • 機体技術基準(信頼性・安全性、危害抑制、騒音対策等)、制御技術基準(危害抑制機能の自動作動等)を開発


ソフトウェアプラットフォーム研究チーム

研究拠点: つくばセンター 第2事業所  |  メンバー  
研究目標: ソフトウェア技術を基盤とした、ロボット・自動化機器の開発・導入を支援し効率化する各種技術の研究開発を行う  
HP: 研究チームHP  


ソフトウェア開発支援技術の研究開発
  • システムインテグレーションを効率化する、ミドルウェア技術、アプリケーションフレームワークに関する研究
  • 継続的インテグレーション・DevOps・形式検証等テスト・検証を効率化する技術に関する研究

ロボット・自動化機器の開発・導入効率化技術の研究開発
  • ロボット等の人による教示とAIを統合し、ロボットシステムの開発・導入を効率化するための技術
  • 自動化対象作業の分析・分解に基づく、作業データの表現方法に関する研究
継続的インテグレーション技術、検証技術とフレームワーク
 
 
SI効率化のための教示データ再利用技術


ディペンダブルシステム研究チーム

研究拠点: つくばセンター 第2事業所  |  メンバー  
研究目標: 製造業および介護サービスの現場における人とロボットの協調システムに関する、モデリングやセンシング、リスクアセスメント、システム設計等の技術の高度化、およびAIの活用による、安全性と柔軟性、作業性や生産性を確保する技術を開発し実証する  
HP: -  


サービスロボット、産業用ロボットの安全に関する研究開発、試験法開発、標準化
  • 介護ロボットの安全・効果基準、試験法開発と標準化(AMEDロボット介護機器開発・標準化事業)
  • 農業用ロボット、物流ロボット、駅サービスロボットのリスクアセスメント、安全基準、認証スキームの開発、標準化
  • 光学式安全センサ、柔軟外装、人検知センサの評価技術、試験技術の開発、標準化

AIを用いたロボットの安全、信頼性に関する研究開発、標準化
  • ロボットの安全確保のためのAI品質、信頼性基準の開発、標準化
  • AI搭載ロボットの安全性評価プラットフォームの開発、評価技術の研究開発
   
  排泄動作支援ロボット ロボット安全基準・試験法開発  
       
   
  AI安全評価用ロボットDRC-3
AI安全3方針
 


▲ ページトップへ