本文へ

ユニットイメージ画像

情報技術の進展により、大規模データを高速かつ効率的に解析処理する新たな技術開発の必要性が高まっています。量子・AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センター(G-QuAT)では、そのような情報処理技術に適した量子コンピューティング技術とAI等の古典コンピューティング技術の相互補完的な利用による高度な融合計算技術を確立し、 この新たな融合計算技術の社会実装を目指して、量子コンピューターを活用したユースケースを創出します。また、高品質な部素材の安定供給を目指した評価方法の開発や、その標準化をけん引します。量子デバイスの開発については、これまでに産総研が行ってきた量子ビットの大規模集積化に向けた開発を推進します。これらの取り組みにより、 本研究センターが新たな融合計算技術の社会実装を推進し、経済社会課題解決・新市場創出、その利益による次の市場開拓というグローバルビジネスエコシステムの構築を目指します。

更新履歴

2024/6/3
プレスリリース・お知らせ
「NEDO先導研究プログラム/新産業・革新技術創出に向けた先導研究プログラム」採択を受け、研究開発を開始
2024/5/24
プレスリリース・お知らせ
超伝導人工原子・マイクロ波光子間の単一反射による量子ビット交換
2024/4/10
受賞・表彰
朝永顕成研究員がISS Best Presentation賞を受賞
2024/4/9
人材募集
現在募集している職員、契約職員のお知らせ
2024/3/29
プレスリリース・お知らせ
国立天文台と産業技術総合研究所が研究協力協定を締結

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 量子・AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センター

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央事業所つくば本部・情報技術共同研究棟
Eメール:M-G-QuAT-plan-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)

▲ ページトップへ