先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリは、解析対象の取り扱い技術でオンリーワンの技術を持つ産総研と、測定技術の基盤となる阪大の卓越した最先端フォトニクス技術を融合させることで革新的な高度創薬・診断技術を開発することを目的として、フォトニクス分析の高度基盤技術を実装し、多彩な生体分子を計測する次世代バイオセンシングシステムに関する研究開発を行います。

さらに詳しく

ニュース

PhotoBIO-OIL ラボ長  民谷 栄一(大阪大学)
PhotoBIO-OIL 副ラボ長 脇田 慎一(産業技術総合研究所)

研究課題1
細胞微細操作計測班
・革新的な細胞操作・イメージング技術の開発
 班長   井上 康志 教授(フォトニクスセンター)
 大阪大学 藤田 克昌 准教授(工)、石飛 秀和准 教授(生命機能)
 産総研  藤田 聡史GL、細川 千絵 主任研究員、戸井田 力研究員、(アドバイザー:金森敏幸GL)

研究課題2
フォトニクスバイオセンサー班
・次世代フォトニクスバイオセンサーの開発
 班長   民谷 栄一 教授(工)
 大阪大学 斎藤 真人 助教(工)
 産総研  永井 秀典GL、古谷 俊介 研究員

研究課題3
ワイヤレスバイオセンシング班
・バイオセンシングの超高感度IoTプラットフォームの構築
 班長   脇田 慎一 総括研究主幹
 大阪大学 関谷 毅 教授(産研)、民谷 栄一 教授(工)

PhotoBIO-OIL研究体制


大阪大学フォトニクスセンター

事務オフィス〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1 P3棟